最新記事

北朝鮮問題

北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、トランプに電話

2017年4月12日(水)18時15分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

言うならば、初日の晩餐会でうっかり(容認するような)回答をしてしまったことへの深い反省と、「あれはミスだった。真意を話させてくれ」という電話だったのだと理解していいだろう。そうでなければ、首脳会談終了後、わざわざ「お礼の電話」などしない。

武大偉・六者会談中国代表の訪韓が語るもの

武大偉・六者会談中国特別代表は訪韓した韓国で昨日(4月11日)、韓国の尹炳世外相や六者会談韓国本部長らと話し合い、「中国はいかなる場合でも北朝鮮の核保有国としての地位を認定せず、黙認しない」と述べた上で、以下のように語った。

1. 中国は米国が韓国にTHAADを配備することに反対する。

2. 朝鮮半島の非核化のために、中国は積極的に対話を求める。

3. 中国は国連安保理の対北朝鮮制裁を積極的に実施している。

4. 核保有が決して問題解決の出口にはならないことを北朝鮮に認識させる。

マティス米国防長官――通常の軍事訓練

アメリカのマティス国防長官は本日(日本時間12日、現地時間11日)、空母「カール・ビンソン」などの空母打撃群を朝鮮半島近海に移動させる対応について、特定の事案に関連したものではないと述べた。ロイター電(Yuri Gripas)が伝えた。

それによれば、マティス国防長官はカール・ビンソンの移動に関し「理由があって西太平洋に配備し、制限なく行動をしている。同海域に現在向かっているのは、現時点でそこに置くのが最も将来に備えたものであると考えるからだ」と指摘したという。

これはつまり、今すぐ戦争状態に入るのではないことを意味している。

米中首脳会談後の「習近平・トランプ」電話会談と言い、武大偉氏の発言、特にマティス国防長官の発言から総合的に考えると、いますぐ「北朝鮮攻撃」は起きないということになろうか。

しかし、つぎの瞬間、何が起きるかが分からないのがトランプ大統領の特徴でもある。

安心はせずに、やはり日本に何ができるか、何をすべきかを考えておいた方がいいだろう。

endo-progile.jpg[執筆者]遠藤 誉
1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会科学研究所客員研究員・教授などを歴任。『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』『チャイナ・ジャッジ 毛沢東になれなかった男』『完全解読 中国外交戦略の狙い』『中国人が選んだワースト中国人番付 やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ』『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』など著書多数。近著に『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮新書)


※当記事はYahoo!ニュース 個人からの転載です。

この筆者の記事一覧はこちら≫

ニュース速報

ワールド

米ケンタッキー州下院補選、民主党候補が大差で勝利

ビジネス

韓国の仮想通貨業界、当局の方針転換を歓迎

ワールド

中国海軍の艦隊がインド洋航行、モルディブでは非常事

ビジネス

正午のドルは107円後半、買い戻しが続く

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 6

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 7

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 8

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 9

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 8

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月