最新記事

アート

美術鑑賞とソーシャル拡散は両立するか? アーティスト束芋の回答

2017年2月3日(金)15時00分
佐藤千紗 ※Pen Onlineより転載

束芋「網の中」(2017)  映像インスタレーション作品 スチルイメージ © Tabaimo / courtesy of IMO studio

最近は、写真の撮影を許可する美術館も増えてきました。SNSなどで魅力的な展覧会の写真を見つけ、出掛けたことがある人も多いのでは? 一方で、会場でシャッター音が気になったり、撮影する人の邪魔にならないように気を遣って、作品に集中できないこともあります。そんな美術館での写真撮影とネットによる拡散をめぐる状況に、アーティスト・束芋が正面から取り組んだ作品「網の中」が京都文化博物館にて公開されます。

これまで束芋は、見る人に最高のパフォーマンスで作品に接してもらうため、会場での作品撮影を禁止してきました。鑑賞者による写真撮影は「作品と身体的に関わる」ことを妨げ、液晶画面や光に照らされる顔は他の鑑賞者の邪魔になると考えてきたからです。また、ネット上に拡散される画像が実際の展示に足を運ぶ機会を妨げたり、初対面の感動を冷めたものにする可能性も感じるといいます。それだけ作品に集中し、入り込む体験を重視しているのでしょう。ただ、一方で作品撮影が悪い面ばかりでないということが、最近の悩みとなっていました。

(参考記事:束芋の映像が芝居に!?  7月、東京芸術劇場での 『錆からでた実』を目撃せよ。

そこで今回、そうした状況に向き合い、初めて作品撮影(写真のみ)を許可。鑑賞者も作品の一部として取り込む映像インスタレーションを制作しました。会場となる京都文化博物館・別館は、日本銀行京都支店として辰野金吾が設計した名建築。空間からインスピレーションを得て制作することが多いという束芋が、会場をモチーフにつくった映像により、実際の空間と映像とが一体となります。そこに、携帯電話(インターネット)の中と外を表現するようなイメージが重なることで、バーチャルとリアルがあいまいになる不思議な体験が味わえるでしょう。それは、日常的にネットにつながりながら暮らしている、私たちの状況そのものを反映しているかのようです。

(参考記事:これであなたも日本の写真史を語れる通に!? 「フジフイルム フォトコレクション展」で究極の1枚を目撃せよ。

「京都府新鋭選抜展2017」の招待作家として参加する今回の展覧会。オープニングパフォーマンスとして、束芋が映像、構成、演出を手掛ける新作「網の外」も2日間限定で発表されました。身体的な表現を得意とし、鋭敏な皮膚感覚を持つ束芋が、ネットをめぐる状況にどう反応し、答えを出すのか、目が離せません。


newsweek_20170203_144210.jpg

束芋「網の外」(2017) パフォーマンス作品 イメージ © Tabaimo / courtesy of IMO studio

newsweek_20170203_144247.jpg

束芋「網の中」(2017) 映像インスタレーション作品 スチルイメージ © Tabaimo / courtesy of IMO studio




京都府新鋭選抜展2017-KYOTO ART FOR TOMORROW

開催期間:1月28日(土)~2月12日(日)
開催時間:3階展示室10時~18時(金曜日は19時30分まで) 別館10時~19時30分
3階展示室の入場は閉室の30分前まで
開催場所:京都文化博物館3階展示室、別館
京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888
休館日:月曜日
入場料:一般¥500、大学生¥400、高校生以下無料。
(別館ホールは無料)

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/shineiten2017/

※会場での撮影は条件付きになります。その条件に関しては会場でご確認いただきます。


出品作家によるギャラリートーク(束芋さんの登場はありません)
日時:2月4日(土)2月11日(土・祝)両日とも13:30~
※事前申し込み不要。ただし当日の入場者に限ります。


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Pen Online





関連ワード

ニュース速報

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月