最新記事

イラン

イラン国防相、弾道ミサイル発射実験認め「核合意に違反せず」

2017年2月2日(木)10時12分

2月1日、イランのデフガン国防軍需相は、弾道ミサイルの発射実験を行なったことを認めた。写真は同国が行った弾道ミサイル発射実験とされる様子。撮影場所不明。提供写真(2016年 ロイター)

イランのデフガン国防軍需相は1日、弾道ミサイルの発射実験を行なったことを認めた。だが、主要国との核合意や国連安保理の決議には違反していないとの立場を示した。タスニム通信が伝えた。

イランは2015年の核合意以降、複数の弾道ミサイル発射実験を行っているが、トランプ米大統領の就任以降では初めて。トランプ氏は選挙期間中、イランのミサイル開発を中止させる意向を示していた。

デフガン国防軍需相は「最近の実験はわれわれの計画に沿ったものであり、わが国の国防に関し外国の介入は認めない」と主張。「実験は核合意、または国連決議に違反しない」とした。

米当局者は1月30日、イランが中距離弾道ミサイルの発射実験を1月29日に実施、1010キロメートル飛行した後、爆発したとの見方を示していた。

国連安保理は1月31日、緊急会合を開催し、ミサイル発射実験を委員会レベルで調査するよう提言した。トランプ米政権のニッキー・ヘイリー米国連大使は、実験は「許容できない」と批判した。

[ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米、EUの報復関税に遺憾表明 航空機補助金紛争巡り

ビジネス

独、追加コロナ制限を週内決定 スペインは非常事態宣

ビジネス

追加コロナ対策協議は継続、合意には一段の妥協必要=

ビジネス

トランプ氏の「順当な勝利」、株式市場に望ましく=J

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月