最新記事

いとうせいこう『国境なき医師団』を見に行く

「弱者の中の弱者」の場所:アレッポ出身の女性に話を聞く

2016年12月26日(月)17時50分
いとうせいこう

アダムの言葉

 カラ・テペ難民キャンプにはその時点で500強の仮設住宅に1500人が暮らしていることを、俺はそのキャンプ全体の中心部に立ちながら聞いた。見回すとそれぞれの方向に道があり、砂ぼこりが舞い、点々とオリーブの樹が生え、子供たちが見え隠れし、その上を雀が飛んでいた。向こうになだらかな山並みが見えた。

 子供たちの後ろには親がいた。アフリカのゆったりした服、中東の白い着衣、西アジアの女性の腰に巻かれた布が目についた。色とりどりの、様々なデザインが行き交っていた。

 この豊かな国際性はなんなんだ、と頭が混乱した。国や文化を越えてひとつのエリアに住む者たち自体は、まるで世界共和国の具現化に見えた。それが砂の舞う太陽の下に、あたかもアメリカ西部劇のようにあった。

 けれど彼らはそれぞれの場所を追われてそこに逃げ込んでいるのだった。好んで国際的なのではむろんなく、世界そのものが各地で人を支えきれなくなっているからこそ、俺が目の前に見ている民族を超えた「町」が出現しているのだ。

 「ここはまだいい方だ」

 とアダムは俺の心を見透かすように言った。

 「彼らはファミリーのままでいられる。ただし誰かは必ず、拷問や暴力に遭った人。あるいは病人だ。弱者中の弱者がここに集まっている。そしてきわめて平和に暮らしている」

 俺は聞いて胸が張り裂ける思いになった。

 世界各地で傷つけられ、移動中に犯され、怪我や病にさいなまれ、今彼らは誰も暴力を受けない「町」に共存しているのだ。

 道を走って横切る子供がいた。

 オリーブの樹の影で椅子に座る老人がいた。

 住宅の前で女性たちが話し込んでいた。

 働き盛りだろう中年のアフリカ人がただ立って目を細め、遠くを見ていた。

 乾いた葉がこすれる音がした。

 黙り込む俺にアダムは言った。

 「ここに平和があるからといって、もちろんこういうキャンプがあってはならない。我々は根本にある問題の解決を望みながら、世界に訴え続けるしかないんだ。そしてその間、あらゆる傷に絆創膏を貼る

 その"傷に絆創膏を貼る"というのが『国境なき医師団(MSF)』の、彼ら自身を例える表現であることを谷口さんが教えてくれた。彼らは過酷な現実を外界に伝えながら、被害者たちの傷を癒し続ける。

 解決自体は各国の政治家が行わねばならない。だからMSFは証言と、必要なら訴えを怠らず、同時に現場へと赴いては"絆創膏を貼る"のだ。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 2

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 5

    韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    経団連が雇用保険を使った「氷河期世代」救済に反対…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    チョ・グク法務部長官の任命をめぐる世論の動向

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 7

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 8

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 9

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月