最新記事

キャリア

ナチス暗号解読の地に、イギリスの暗号解読者養成学校が開校

2016年11月25日(金)16時00分
アンソニー・カスバートソン

暗号解読者養成にはぴったりのブレッチリー・パーク WIKIMEDIA COMMONS

<ベネディクト・カンバーバッチの映画でも有名になった第2次大戦中の連合軍の暗号解読施設を70年ぶりに学校としてオープン。天才少年たちを集めてサイバーセキュリティの戦士に育て上げる>

 第二次世界大戦中、イギリスのブレッチリー・パーク。ベネディクト・カンバーバッチ主演の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』にも描かれた数学者アラン・チューリングらのチームによって、ナチスドイツの暗号エニグマを解読し極秘作戦を見破る拠点として使用されてから70年以上が経過した。いまその門を、新世代の暗号解読者が再びくぐる。

 バッキンガムシャー(州)にある同所で2018年、「ナショナル・カレッジ・オブ・サイバーセキュリティー」が開校。サイバーセキュリティーに関する技能を、300人にのぼる16~19歳の十代たちに教える予定なのだ。

【参考記事】スノーデンが暴いた米英の「特別な関係」、さらに深まる

 学費は無料で、入学対象者は一般教育修了上級レベルを目指して勉強する、「才能に恵まれた」生徒たちだ。

 この取り組みを率いるのは、新たに組織された非営利団体「キューファロ」(Qufaro)。同団体は、イギリスのサイバー機能を向上させると同時に、かつてチューリングの功績もあって有名になったブレッチリー・パークの認知度をさらに高めることも目指している。

国を守るキャリア

 キューファロ代表のアリスター・マクウィルソンは、「イギリスのサイバー教育およびイノベーションの体制は、複雑でまとまりがなく不完全だ。われわれは、重要な才能を一世代ぶん、丸ごと失う危険にさらされている」と語る。

「サイバー分野でキャリアを築くことに興味がある者たちにとって、現在のキャリアパスは、それぞれ優れてはいるがバラバラな取り組みで一杯だ。真に統合された、学習とサポートのシステムが提供されていない」

 サイバー攻撃に対するイギリスの脆弱性は先日、財務相のフィリップ・ハモンドによって浮き彫りにされ、同時にハモンドは、今後5年間で防御力の向上に19億ポンドを投じると発表した。

 ハモンドは10月にロンドンで開かれたイベントのスピーチで、「技術は、われわれの経済に大きなチャンスを与えてくれるが、同時にリスクももたらす」と述べた。「インターネットと、それが依存するインフラに対する信頼は、われわれの経済的未来に欠かせない。その信頼がなければ、デジタルシステム全体への信頼も失われてしまう」

【参考記事】ツイッターを締め出されたISISの御用達アプリ


「われわれには安全なサイバー空間が必要だ。それを実現するには、企業と政府が一丸とならなければならない」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月