最新記事

白モノ家電コンシェルジュ

心躍るコンパクトなブレンダーで、「ヘルシー」を持ち歩く

2016年10月27日(木)16時40分
神原サリー ※Pen Onlineより転載

ヨーロッパ製品を思わせるシンプルなデザイン。ほかにホワイトとレッドがある。実勢価格¥10,000


フェラーノ ブレンドエクスプレス
Ferrano BlendExpress BE51〈ブレンダー〉

 これまでキッチン家電や料理には興味がなかった男性でも、思わず使ってみたくなること請け合いのクールでコンパクトなブレンダー「ブレンドエクスプレス BE51パーソナルブレンダー」が、シンガポールから上陸した。艶やかでスタイリッシュな本体に、驚くほど軽いトライタンボトルを採用、つくり立ての栄養豊かなドリンクをそのまま持ち運べるアクセサリーも充実している。

 このブレンダーは、世界60カ国で発売しているハイエンドな家電の生産を請け負うメーカーが母体となって、2011年にシンガポールで生まれたキッチン・調理家電ブランド「フェラーノ」によるもの。15年春に日本法人が立ち上がり、今夏、フェラーノの新製品であるこのブレンダーで日本での本格的な展開を開始したところだ。

(参考記事:ワインがもっと"やわらかく"味わえる、銀器の老舗「ピュイフォルカ」の斬新なフォルムのグラスとは?

 ブレンドエクスプレスのコンセプトは「ヘルシーとおいしさを持ち運ぶ」こと。ガラスのように見えるほど透明感がありながら、とても軽く手に馴染むしなやかな感触のトライタンボトルを使用しているのも、つくったものを通勤やジムなどの外出先に持参できることを考えているから。結露で濡れるのを防ぐ、保温・保冷性に優れたデュポン社のネオプレンスリーブケースや携帯用リングなども付属しており、心躍るデザインになっている。400mlと600mlの2種類のボトルは、自転車のボトルホルダーにも収まる。

 イタリアのデザイン賞を受賞している本体のデザインは、オランダ人のデザイナー、フィリッペ・ホルトハウゼンが手がけている。着色プラスティックではなく、上質な金型でつくったボディにグロス塗装を施してあり、やや前傾しながら優美な曲線を描く様子が美しい。

(参考記事:アナログ機器で、ハイレゾを超える豊かな高音質を

 使い方はいたってシンプルだ。ボトルに氷を1片と果物、ヨーグルト、牛乳などを入れ、ふたをしたら逆さにして本体にセットしてスイッチオン。45秒程度でなめらかなスムージーが出来上がる。ポイントは重いものから先に入れること。ひっくり返した時に上にくるため、自重で下の食材を押さえ込み、効率よく撹拌できるのだ。ボトルの天面を押す方式ではなく、オンオフのダイヤル式なので使い勝手も上々。サルサや自家製のドレッシングをつくる際にもコンパクトなボトルがちょうどいい。

 絶妙な角度をもつ4枚刃のステンレスブレードを備え、300Wのパワーで撹拌させて舌触りのいいジュースをつくる。渦巻き状になった独特の形状のボトルも、食材をムラなく混ぜるのにひと役買っている。

(参考記事:ありそうでなかった! ステンレスボトル「mosh!」の使い心地はいかに!?

 フェラーノは家電と食文化に着目、なかでも"ドリンク"の分野にこだわっていくそう。コンパクトなキッチンが多いことなど、日本と共通点の多いシンガポール発の今後のプロダクトが楽しみだ。

pen161027-2.jpg

400mlと600mlのボトルが付属。同じく付属の専用ケースに入れてそのまま持ち出せるのもスマートだ。

※Pen本誌より転載

[concierge]
神原サリー Sally Kamihara
新聞社勤務を経て「家電コンシェルジュ」として独立し、豊富な知識と積極的な取材をもとに、独自の視点で情報を発信。2015年2月、表参道に「家電アトリエ」を開設。テレビ出演や執筆、コンサルティングなど幅広く活躍中。

青野 豊・写真
photographs by Yutaka Aono

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



関連ワード

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月