最新記事

テロ

NYマンハッタン爆発事件の容疑者、銃撃戦の末に拘束

2016年9月20日(火)10時25分

 9月19日、ニューヨーク爆発事件関与の疑いで、アハマド・カーン・ラハミ容疑者が拘束された。写真はニュージャージー州警察から同日入手(2016年 ロイター/Courtesy New Jersey State Police/Handout via REUTERS)

米ニューヨーク・マンハッタンなどで17日発生した爆発事件に関与した疑いで指名手配されていたアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)が19日、警察との銃撃戦の後、拘束された。

ラハミ容疑者はアフガニスタン出身で、米国籍を持ち、ニューヨーク州に隣接するニュージャージー州に在住。

同容疑者は同日朝、自宅そばの同州リンデンで警察官に見つかり銃撃戦となった末負傷し、病院に搬送された。警察官2人も負傷したが、命に別状はないという。

米連邦捜査局(FBI)捜査官は記者会見で、現時点で動機は明確になっておらず、同地域で過激派の小グループが活動している兆候は確認されていないと語った。デブラジオ・ニューヨーク市長も、現時点で他に行方を追っている人物はいないと述べた。

クオモ・ニューヨーク州知事は記者団に対し「海外のテロ組織との関連が明るみに出る可能性は十分にあり、同日、もしくは数日中に明らかになるだろう」と語った。

ニューヨーク警察当局は、17日にニューヨーク・マンハッタンのチェルシー地区とニュージャージー州シーサイド・パークで発生した爆発に関与した疑いがあるとして、ラハミ容疑者の写真を公開し行方を追っていた。

これら2件の爆発に加え、ニュージャージー州の鉄道駅では爆発物の入ったバックパック、チェルシーの爆発現場近くでは不発の状態の爆発物とみられる圧力鍋がそれぞれ発見されており、当局が捜査を行っている。

これら爆発物や、シーサイド・パークでの爆発による負傷者は出ていない。チェルシーの爆発では少なくとも29人が負傷した。

容疑者の拘束前、米大統領選の民主・共和両党の候補者は事件に関するコメントを発表。

民主党のヒラリー・クリントン候補は、米国は世界的なテロとの戦いに向け、同盟国との連携が必要であると強調したうえで、「危険な世の中において安定したリーダーシップが必要であることがあらためて浮き彫りになった」と語った。

共和党候補のドナルド・トランプ氏はFOXニュースとのインタビューで、今後米国がさらなる攻撃にさらされると考えているかとの質問に対し、「攻撃は起こるだろう。米国は弱体化したからだ」と語った。

*内容を追加します。



[エリザベス(米ニュージャージー州)19日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

桜を見る会前日の夕食会費明細書、「そうしたものはな

ワールド

スリランカ大統領選で元国防次官が勝利、対立候補と大

ワールド

イラン最高指導者がガソリン値上げ支持、抗議デモは敵

ビジネス

英、不動産の新規販売件数が急減 ブレグジットと総選

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 2

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 3

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 4

    災害後の復興増税が誤った選択肢である理由

  • 5

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 6

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 7

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 6

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 10

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月