最新記事

政治

エリートは無知な大衆に立ち向かえ

It’s Time for the Elites to Rise Up Against the Ignorant Masses

2016年7月8日(金)20時40分
ジェームズ・トラウブ(ジャーナリスト)

 もちろん、主流派政党は右であれ左であれ、現状に憤る愛国主義者の支持を何とかして取りつけようとする。それには時として、大衆迎合的な手法も必要になる。来春のフランス大統領選で返り咲きを目指すニコラス・サルコジ前大統領は「マイノリティーの暴虐」を非難、白人しかいなかった頃の「永遠のフランス」を引き合いに出した。左派では、長年自由貿易を支持してきたヒラリー・クリントンが態度を一変させた。労働組合はじめグローバル化の荒波を国境で食い止めたい人々の支持を取りつけるためだ。だが同じ主流派でも右と左では意見の隔たりが大きい。いかにグローバル化による負の影響を軽減するか、大量の難民や移民のどう受け入れるか──極右主義者の台頭がもたらす脅威ですら、両者を共通の大義に導くには不十分な有り様だ。

でっち上げでEU離脱

 目に見える分断は、政治だけでなく、現実世界にも広がっている。EU離脱派が勝利したのは、離脱派の指導者たちが有権者の被害妄想に付け入って移民がもたらす危険やEU残留にかかるコストの大きさをでっち上げたからだ。離脱派の指導者の中には、発言内容は嘘だったと認めて辞任する者も出てきている。偽りと恐怖による扇動で新基準を打ち立てたドナルド・トランプは、移民や貿易など思いつくものは何でも攻撃する。共和党にはもともと、科学的な事実や経済的な現実を否定する人間が多いが、とうとう無知な人々に心地よい現実を捏造するような男に身を委ねようとしている。

 そう、「無知」だ。多くの無知な人々がだまされている今、指導者の役割は人々の目を覚まさせることだ。それは「エリート主義」だという反論もあるだろう。そうかもしれない。あるいは、我々は自分の考えや信念を過度に尊重するようになった結果、論理や専門知識、歴史の教訓もエリート主義と考えるようになったのかもしれない。もしそうなら、現実主義の政党が覚悟を持って、現実を否定する政党やその黒幕たちと戦わなければならない。それが次に待ち受ける政治の再編だとすれば、我々は喜んで受け入れよう。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

欧州でディーゼル車の価値低下も、独裁判所が使用禁止

ワールド

豪首相、連立政権内の亀裂否定 副首相の不倫騒動で混

ビジネス

前場の日経平均は続伸、自律反発が中心 円高警戒和ら

ワールド

豪法人減税案、「財政黒字化妨げず」 財務相が中銀総

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 8

    北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月