最新記事

中国

豪雨で160人死亡、相次ぐ水害に中国人は怒って...いない?

2016年7月26日(火)06時17分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

Darley Shen-REUTERS

<大規模な水害が相次いでいる中国。無計画な都市開発や不十分な豪雨対策により被害が拡大しており、民衆の政府に対する怒りは暴発寸前だ――というのは本当だろうか。確かに被害は大きいが、お決まりの報道では見えてこない市民たちの本音を聞き出してみた> (写真:湖北省にて。7月23日)

 今年の夏は、中国各地で大規模な水害が記録されている。まず被害が集中したのは長江中流域だ。5月末から7月中旬にかけて豪雨が相次ぎ、「街が海に変わる」かのような大規模な冠水が起きた。特に湖北省武漢市では一部で2メートルもの冠水を記録。1998年の大水害から約20年ぶりとなる「100年に一度の豪雨」の脅威があらわとなった。

 中国のネットには、「50年に一度、100年に一度の天災が数年おきにやってくるのは勘弁」「三峡ダム(2009年完成)は1000年に一度の水害に耐えるという触れ込みだったでしょ!?」と政府を揶揄する書き込みがあふれた。

 7月中旬になると、今度は中国東北部、西北部一帯に豪雨が降り注いだ。中国民政部の発表によると、24日午後5時時点で161人が死亡、123人が不明、10万5000棟の家屋が倒壊している。街中が冠水し交通がストップ、都市機能が麻痺した場所も少なくない。

 中国では近年、突発的な豪雨により街が冠水する"都市水害"が多発している。2012年の北京市では豪雨により25人が溺死する惨事となった。無計画な都市開発により排水能力が整備されず、ひとたび豪雨が起きると低地にはあっという間に水が集まる。大都市・北京の真っただ中にいながら車の中で溺死するという信じられないような事件が起きたのだ。中国政府は排水網や貯水池の整備を進めてきたが、今回の豪雨で対策が不十分だったことが明らかになった。

【参考記事】深セン土砂崩れ遠因、党と政府側の責任者は?――浮かび上がった不正の正体

takaguchi160726-1.jpg

河北省にて(7月24日) China Daily/via REUTERS

 なかでも人々の怒りをかき立てたのが河北省邢台市の堤防決壊だ。20日未明、決壊地点に近い大賢村が水に飲み込まれ、24日時点で34人の死亡、13人の不明が確認されている。現地住民は上流のダムが放水したことが決壊の原因で、しかも下流の村には放水の連絡がなかったと激怒。抗議の住民グループが警察と対峙する一幕もあった。また、地元政府関係者が当初「死者はゼロ」とコメントしたことも事故隠し疑惑に火を点けた。世論の批判が高まるなか、邢台市市長は放水の事実こそ否定したものの力不足を謝罪。関係官僚4人が停職処分を受ける事態へと発展した。

――と、こんな感じで書けば中国の災害情報を伝えるニュース記事としては合格点ではないだろうか。「まず被害の状況。しめに政府の対策不足や事故隠しに"人災だ"と民衆が激怒」とまとめるのがひとつのテンプレートになっているからだ。もちろんこれは海外メディアのテンプレートで、中国官制メディア版では「まず被害の状況。そして偉い人が対策を指示、軍や警察が奮闘」というテンプレートになる。

 このように、自然災害が起きるたびに天災か人災かが取りざたされるわけだが、本稿では"中道"にあたる、普通の中国人の声を紹介してみたい。

takaguchi160726-2.jpg

湖北省にて(7月6日) China Daily/via REUTERS

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月