最新記事

スイーツ

ポルトガルで出合う究極のエッグタルト

2016年6月6日(月)15時00分
エマ・ジェイコブズ

Forster-Ullstein Bild/GETTY IMAGES

<門外不出の秘伝レシピを知るのはたった3人。修道院で生まれた味を守り続けるリスボンの老舗に世界中の観光客が殺到>

 さくさくと香ばしいパイ生地の中に濃厚なカスタードクリームがたっぷり詰まったエッグタルトは、ポルトガル生まれの人気ペストリー。ポルトガル語でパステル・デ・ナタと呼ばれるこのスイーツの起源は、かつて国内各地に存在した修道院にあると伝えられている。修道院で洗濯した衣類やシーツをのり付けする際に大量の卵白を使ったため、余った卵黄の活用法として生まれたというのだ。

 パステル・デ・ナタのサイズや形状は地域によって異なるが、首都リスボンの一帯では昔から小さな丸形のものが受け継がれてきた。なかでも有名なのは、1837年の創業以来、リスボン市内のベレン地区に店を構え続けてきた老舗パスティス・デ・ベレンのもの。店のすぐ近くにあるジェロニモス修道院で生み出されたとされる秘伝のレシピを、今もかたくなに守り続けている名店だ。

 ジェロニモス修道院はポルトガルが栄華を極めた大航海時代に建立された建物で、世界遺産にも登録されている。そこで作られていたパステル・デ・ナタのレシピをある商人が買い取り、パスティス・デ・ベレンの創業者に売ったのが、絶品スイーツ誕生の始まりだという。

【参考記事】イラン「開国」で訪れるべきはここ!

 現在、門外不出の極秘レシピを知っているのは同店の3人のシェフだけ。その1人であるカルロス・マルチンスは10年ほど前、60年間レシピを守り続けてきた先代の後を継ぐ形でこの大役を任された。店のオーナーから「秘伝のレシピを受け継ぐ3人の1人に選ばれたと告げられた。すごくうれしかった」と、14歳から同店で修業を積んできたマルチンスは言う。

 彼は毎朝、「極秘」と書かれた金属製のドアの奥にある一室に入っていく。そこで他の選ばれし2人のシェフと共に、その日販売するパステル・デ・ナタ2万個分の生地とカスタードクリームを作るのだ。

ニュース速報

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

ワールド

原油先物は上昇、米在庫が予想以上に減少

ワールド

ILO、新型コロナによる若者の失業や学習機会減少を

ワールド

米韓合同軍事演習、コロナで規模縮小して実施へ=韓国

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 10

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月