最新記事

環境

「食べられるスプーン」が放つ人類へのメッセージ

インド発、穀物の粉で作られた環境に優しく低価格のスプーンが、石油で作られた使い捨てのプラスチックスプーンに取って代わる

2016年4月20日(水)18時51分
Social Design News

さらばプラスチックスプーン 環境にも健康にもよくない既存の使い捨てスプーンはプラスチック製だが、「Bakey’s」のスプーンは穀物の粉で作られ、味も3種類ある The Better India-YouTube

 私たちは、日常どれだけのプラスチックスプーンを使用しているだろうか。コンビニやスーパーでデザートを買えば、必ず付いてくる"あれ"である。

 もちろん、環境にも健康にもあまりよくないことは分かっている。しかし、いついかなる時も、スプーンを常備することはできない。よって、現代のエコ時代であっても、世界的にたくさんのプラスチックスプーンが未だに石油で作られて、消費されている。

【参考記事】複雑すぎるプラスチックごみの憂鬱

 その問題にインドの「Bakey's」は、1つの解決策を提示する。なんと米など穀物の粉で作られた、食べられるスプーンだ。環境に優しく、プラスチックスプーンのように低価格。また、食べるものの味を変えることはない。

 プレーン味、スイート味、ピリッと辛い味まである。食べてしまえば、かさばるゴミとなることはない。

【参考記事】カバンに入れて持ち運べる「風力発電」デバイス

 過去にアイデアとして考えた人は、世界中に無数にいたかもしれない。しかし、このアイデアが実現し、普及する時は今なのかもしれない。環境配慮は、あらゆる角度から待ったなしである。このスプーンの環境への負荷軽減がより細かくデータとして比較され、より多くの人たちに認知、世界中で利用されていくことを期待したい。

ウェブメディアのThe Better Indiaで取り上げられた

Bakey's:Web / Facebook

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ビジネス

トヨタが新型磁石開発、EV普及にらみ高価なネオジム

ビジネス

消費増税・五輪の需要変動対応、民間議員「機動的財政

ビジネス

日本初のG20首脳会議、大阪で開催へ=政府筋

ビジネス

TPPへの米国の復帰、前向きになることは歓迎=梅本

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

  • 4

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 5

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 8

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 9

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何…

  • 10

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月