最新記事

インタビュー

内面に響くテーマを設定し、社員のモチベーションを高める

[鈴木健]スマートニュース株式会社 代表取締役会長 共同CEO

2016年3月25日(金)17時05分
WORKSIGHT

※インタビュー前編:ノイズこそ大切に守るべき創造性の種

チームを超えたコミュニケーションを実現

 当社のミッションは「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことです。全ての社員に旺盛な創造力、イノベーティブな感覚を持ってもらうため、2015年2月に移転したオフィスでは随所に工夫を凝らしています。

固定席とフリーアドレスの両方を備えたハイブリッド型オフィス

 デスクワークのスペースとしては、社員1人ひとりの席が割り当てられた固定席とフリーアドレスの両方を用意しています。固定席スペースのデスクは長い一枚板で、足元に遮るものがありません。なので、人数が少ない時はゆとりをもって座り、人が増えてきたら臨機応変に席を増やすことができます。今のところ社員数に合わせて固定席は50席ほどですが、最大で150まで席を増やすことができます。組織の成長に応じて、オフィスそのものが成長できるようにデザインしました。

【参考記事】シェアリングエコノミーで人をつなぐ、オランダ発のコワーキング

 また、オフィスのあちこちにあるソファ席やチェア席、仕切りで独立した集中エリア、個室感覚のフォンブース、靴を脱いであがるフリースタイルゾーンなど、どこで仕事しても構いません。固定席とフリーアドレスの両方を備えたハイブリッド型のオフィスで、社員それぞれの好みや事情に合ったワークスタイルを自由に選べるようにしています。

 ちなみに固定席で1つのチームはデスクを囲むのでなく、背中合わせになっています。事務系の職種だと対面の方がいいかもしれませんが、技術者同士の打ち合わせでは画面を一緒に見た方が話が早く進みます。どんな現象が起きているのかが一目瞭然ですからね。背中合わせで1つの島というのは独特かもしれませんが、これも創造性や生産性を重視した結果なんです。

コーヒースタンドはあえてオフィスの隅に

 クリエイティビティの創発を促すため、社員同士の偶発的なコミュニケーションを演出する仕掛けも随所に盛り込みました。

【参考記事】試作すらせずに、新商品の売れ行きを事前リサーチするには?

wsSmartNews_8.jpg

鈴木氏が描いたオフィスのデザイン画。固定席とフリーアドレスのなめらかなつながりを示した。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月