最新記事

注目作

悪魔のように殺し、聖人のごとく慕われた男

The King Full of Contradictions

コロンビア麻薬カルテルの帝王を描いた『エスコバル』は人間の矛盾に迫る

2016年3月11日(金)14時53分
ルドルフ・ハーゾグ

悪の道へ  ニック(左から2番目)は麻薬王(右)の帝国にひきずり込まれていく(3月12日公開) ©2014 CHAPTER2-ORANGE STUDIO-PATHE PRODUCTION-NORSEAN PLUS S.L.-PARADISE LOST FILM A.I.E.-NEXUS FACTORY-UMEDIA-JOUROR DEVELOPPEMENT

「町に入ると男が寄ってきて、『番号は?』と聞くはずだから『72』と答えろ」──若者はそう指示される。その男に古い鉱山の立て坑まで案内させ、そこにお宝を隠したら、すぐにそいつの頭をぶち抜くという任務だ。

「余計なおしゃべりはするんじゃない。殺すのが嫌になってくるからな」と、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル(ベニシオ・デル・トロ)は助言する。若者ニック(ジョシュ・ハッチャーソン)は、任務にぴったりの人材だ。まさかカナダ人のサーファーが殺し屋とは、誰も思わない。こんな羽目になったのは、恋に落ちた女の子マリア(クラウディア・トレイザック)が麻薬王の姪だったからだ。

【参考記事】麻薬大国コロンビアを悩ます化学物質

 ごく普通の若者が南米で最も凶悪な犯罪組織の一員になり、麻薬カルテルとコロンビア政府の戦争に巻き込まれていく。ニックは架空の人物だが、アンドレア・ディ・ステファノ監督の『エスコバル 楽園の掟』は歴史的事実に基づいた作品だ。

 最盛期のエスコバルの年収は300億ドルもあり、世界7位の大富豪だった。満員の航空機を平気で爆破する非情な犯罪者だったが、その一方で貧しい人々のために病院や5000軒の家を建てた。

 広大な私有地にはキリンや象もいる動物園があり、3000人の殺し屋を含む私設の軍隊を持っていた。コロンビアでは現代のロビン・フッドと慕われる一方で、年に6000人以上を平気で殺し、1日当たり15トンのコカインをアメリカに輸出した。

 麻薬王は矛盾に満ちた人物だった。欲深だが気前がよく、ナルシストだが私心がなく、愛情にあふれ、平気で人を殺した。

 ここまで特異な人物を演じるのは、役者冥利に尽きるはずだ。愛する家族の目には大きなテディベアのように見える麻薬王を、デル・トロは完璧に演じている。終盤の政府軍に追い詰められる場面では、迫害される聖人のようにさえ見える。

 マリアは天使のように優しく、人好きのする魅力はエスコバル家の遺伝らしい。コカインは「コロンビアの特産物」と単純に考えるマリアは、おじを信頼し切っている。犯罪とは無縁の明朗な若者ニックは、彼女が犯罪組織のボスの姪と知って衝撃を受けながらも、エスコバルの富と権力に魅了されていく。

曖昧になる善と悪の境界

 エスコバルは父親のようにニックを気に掛け、ニックの兄が強盗に襲われたときも助けてやる。悪の帝国の「王子」となったニックは、共犯者意識を持ち始める。カルテルと政府軍の戦いは激化し、アメリカも麻薬王を追い始めると、ニックは悪と破壊の渦に引きずり込まれる。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    「金正恩は何かあると、すぐに妹を呼ぶ」韓国閣僚が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月