最新記事

ヘルス

美容と健康のために胎盤スムージーって???

馬や羊などのプラセンタでは物足りず自分の胎盤を食べる女性が増えている

2015年4月28日(火)18時25分
フェリシティ・ケーポン

効果と安全性は 人や動物の胎盤は中国でも漢方薬として使われてきたが Kin Cheung / Reuters

 美容目的で馬や羊、豚などの動物のプラセンタ(胎盤)を摂取したり、成分を肌に塗ったりするのは特段珍しいことではない。でも人間の胎盤となると話は別かもしれない。

 最近、ロンドン西方の町スウィンドンで、出産後の女性のために本人の胎盤を使ってスムージーを作っていた女性キャサリン・ビールが保健当局の調査を受けた。衛生面と健康面の懸念が理由だ。

 彼女は、出産して間もない女性が持ってきた胎盤を乾燥させ、砕いてカプセルに詰めたり、フルーツと混ぜてスムージーを作ったりしていた。料金はカプセルが150ポンド(約2万7000円)、スムージーは追加料金20ポンド(約3600円)。裁判所による営業停止命令は出ていないが、ビールは調査が終わるまで自主休業している。

 眉をひそめる人も多いかもしれないが、イギリスでは出産後に自分の胎盤を食べる女性が増えていると、カプセル作りスペシャリストの訓練と認定を行っているインディペンデント・プラセンタ・エンカプスレーション・ネットワーク(IPEN)のリニア・シュリーフ創設者は言う。ビールに研修を行ったのもIPENだ。

ただの偽薬効果との声も

 シュリーフの推計によれば、イギリスで自分の胎盤を食べる母親は年間1000人を上回る。5年前は、この「療法」に関心を示す母親は年に2、300人程度だったという。「人気が高まっていることは間違いない。問い合わせは増えるばかりだ」

 人気の理由は口コミだと、シュリーフは言う。胎盤に含まれる鉄分と栄養分のおかげで、実際に試した女性の多くが快眠や美肌、母乳の増加といった効果を報告しているという。「赤ちゃんがすぐ泣きやむ新しいオモチャが出てくれば、母親たちの間でたちまち噂になる。それと同じことが起きている」

 IPENのお墨付きを得て活動しているカプセル作りスペシャリストは100人以上。助産師やドゥーラ(妊産婦の世話をする専門職)、ホリスティック医療のセラピスト、一般の母親たちなどがいるという。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

2月の機械受注は前月比+2.3%、予想外の増加

ワールド

新型コロナ、米で未認証のマラリア薬投与拡大 トラン

ビジネス

情報BOX:緊急事態宣言を受けて休業を発表した主な

ビジネス

航空業界2500万人の雇用喪失も、渡航禁止などで=

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 3

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバングラデシュ

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月