最新記事

アジア

永田町にも欲しい? 賄賂を見分ける新アプリ

腐敗が蔓延するインドネシアで、汚職をめぐる意識改革を起こす「秘密兵器」が登場

2015年2月2日(月)12時35分
マリー・デュミエール

これって賄賂? 昨年秋に発表されたスマホ用の汚職撲滅ゲーム Komisi Pemberantasan Korupsi-KPK

 あなたは政府機関で働く公務員で、コンピューターの購入を担当している。いくつかのメーカーに入札を呼び掛けると、ある会社の営業担当者が「このたびはお世話になります」と、人気ブランドの最新型ノートパソコンを持ってきた。悪い人じゃなさそうだし、取りあえずもらっておこうか......。

 すると突然、画面上にロボットが現れ、「この件が公になってもいいか」と尋ねてきた。「ノー」と答えると、ロボットは不機嫌そうに「誠実さを失ってはならない」と告げた。

 画面上? そう、これは汚職撲滅を目指すインドネシア当局が作成したスマートフォン向けゲームアプリの一コマだ。

 インドネシアでは、業務上の見返りを期待して金品を贈ったり、それを受け取ったりする行為が贈収賄という犯罪であるという認識が十分浸透していない。国際NGOのトランスペアレンシー・インターナショナルが発表している「腐敗認識指数」は、175カ国中107位。

「公共事業の受注や営業免許の許認可をめぐって汚職が蔓延している」と、同団体のジャカルタ支部のワヒュディは語る。賄賂を贈らずに事業を立ち上げることはほぼ不可能で、公務員や政治家の側から金品を要求するケースも多い。

 そこで、汚職の捜査・起訴を担う汚職撲滅委員会(KPK)は昨年秋、贈賄に関する学習アプリを発表。テーマパークを舞台としたこのアプリは、クイズやグラフを駆使して、どんな贈り物が賄賂に当たるのかを啓蒙する内容となっている。「贈り主を捕まえろ」と題されたゲームや、賄賂かもしれないプレゼントを受け取るべきか否かを判断するゲームもある。

クリーンな現政権が主導

 このアプリがもっと早く世に出ていれば、スマトラ島リアウ州のアナス・マアムン知事が罪を犯すこともなかったかもしれない。彼は森林の開発許可と引き換えにパーム油製造企業から20億ルピア(16万6000ドル)を受け取った容疑で、昨年9月にKPKに逮捕された(わずか半年前に、前任者が似たような罪で懲役14年の判決を受けているのだが)。

 大統領直轄の組織として主に大物政治家の不正を糾弾してきたKPKは、国民から圧倒的な支持を得ている。02年の設立以来、逮捕者は既に400人近く。昨年5月には、メッカ巡礼の公的資金を不正流用した容疑で宗教相を告発し、9月にはエネルギー相を横領などの容疑で捜査すると発表した。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月