最新記事

犯罪

美少女CGに釣られた児童性愛者たち

世界中から2万人の男たちが殺到したオンライン買春の実情を告発

2013年11月20日(水)15時54分
パラシュ・ゴシュ

「囮」捜査 児童保護団体が制作した架空の少女「スウィーティー」 Courtesy Terre des Hommes

 世界中の児童性愛者が、オランダのあるNGOが仕掛けたネット上の罠にまんまとはまった。彼らが性的欲望を向けた相手は、10歳のフィリピン人少女。ただし生身の人間ではない。本物そっくりに作られたCGだ。

 児童保護団体テール・デゾム(TDH)はこのCGを「スウィーティー」と名付け、偽のプロフィールをあるウェブサイトで公開した。BBCによると、世界中から「彼女」に接触してきた男たちは約2万人。そのうち約1000人は金銭と引き換えに、オンラインでの性的行為を持ち掛けた。TDHはSNSの情報などから彼らの身元を特定。警察当局に通報した。

「向こうから話を持ち掛けてくるまで、こちらは何もしなかった」と、プロジェクトリーダーのハンス・グイトはハーグで開いた記者会見で述べた。「(児童を狙ったネット上の性犯罪には)新しい取り締まり策が必要だ。犯罪者が自分の名前を出すことはないし、被害者が名乗り出ることもない」

 ウェブカメラを使ったネット上の「セックスツーリズム」の撲滅を目指すTDHは、途上国の児童に豊かな国の男たちがネット上で接触する様子を記録したという動画をYouTubeに公開している。

 児童性愛者はクレジットカードをちらつかせ、子供に服を脱ぐよう指示したり、性的行為を要求したりする。

 TDHによれば、ネット上の児童買春は明らかに違法だが、これまでに有罪判決を受けた児童性愛者は6人しかいない。「各国政府は積極的な予防的捜査に力を入れてほしい」と、グイトは言う。

「最大の問題は、被害者の届け出がないと警察が動かないことだ。子供たちが被害届を出すことはまずない。被害者は通常、周囲の大人に強制されて(児童性愛者の相手を)しているか、極端な貧困のせいで仕方なくやっているかのどちらかだ」

 TDHが「スウィーティー」をフィリピン人にしたのは、同国だけで数万人の子供がオンライン児童買春の犠牲になっているからだ。ネット上では、常時75万人前後の児童性愛者が獲物を探しているという。

 その犠牲になる子供は今後さらに増え続けると、TDHは警告する。かつてネットの普及は貧しい国々に福音をもたらすと言われていた。それを考えると、何とも皮肉な話だ。

[2013年11月19日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は小幅続落、一時300円超安 米株先

ビジネス

日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=トヨタ会

ビジネス

台湾鴻海、中国・鄭州に新事業本部建設へ 10億元投

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、英で心血管リスク低減向
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中