最新記事

サイエンス

「女は男より運転が下手」は性差別か

車の運転が下手でも簡単に入れられる「女性向け駐車スペース」がドイツで登場し、性差別論争を巻き起こした

2012年12月26日(水)14時59分
マルセル・フリードマン

思いこみ? 男性より車庫入れが下手だと考えている女性は多いが bigstockphoto

 無数の車が行き交う大都会では、駐車スペースをめぐる争いは日常茶飯事。しかし、ドイツ南西部の田舎町で起きた駐車場騒動は、それとは一味違う。

 事の発端は、黒い森地方の小さな町トリベルクのガルス・ストロベル町長が、新設の駐車場に「難易度」に応じた男女別の駐車スペースを設置したこと。

 照明が明るく、広々とした出口付近の12台分は、運転が苦手とされる女性専用。一方で、柱と壁の間にバックで駐車しなければならない2台分の変形スペースは男性専用となった。

 この計画が発表されると、即座に怒りの大論争が巻き起こった。ドイツ国内はもちろん国外のメディアからも「性差別者の駐車場」との非難が殺到した。

 しかし、ストロベルは気にする様子もない。批判の声を「政治的な正しさに縛られてユーモアを理解しない反応」と切り捨て、「わが町に来て私が間違っていると証明して」みせるよう呼び掛けた。おかげで、トリベルクには車庫入れの腕を試したいやじ馬が押し寄せているという。

 町長の話題づくりに加担したくはないが、この騒動がある問いを投げ掛けているのは事実だ。女性は本当に男性より駐車が下手なのか、という問題だ。

 科学的には、イエスと断言することはできない。むしろ、反対の結果を示す研究もある。

自信のなさが女性の弱点

 イギリス最大の駐車場運営企業ナショナル・カー・パークスは、自社の駐車場で男女2500人の運転技術をひそかに評価した。すると20点満点のうち女性は平均13・4ポイントで、男性の12・3ポイントより高かった。後進駐車でも、女性のほうが男性より高得点だった。

 駐車に要する時間は男性より5秒長かったが、より簡単な前進駐車でなく後進駐車を選んだ人の割合は女性が11%高かった。5秒の差は運転スキルというより、丁寧さの違いのようだ。駐車スペースの中央に車を寄せる人の割合は女性は53%に達したが、男性はわずか25%だった。

 一方、逆の結果を示す研究もある。ドイツのルール大学ボーフム校の調査では、男性は女性より迅速に適切な位置に駐車できたという。車庫入れのように頭の中で物体の回転を想像する能力が必要な動作では、男性のほうが空間認識能力がやや高いとする研究もある。

 運転免許試験の結果にも、男女の差が明確に表れている。イギリスの11年の統計では、後進駐車の「コントロール欠如」が原因で運転免許試験に不合格になった女性は4万863人。一方、男性は1万8798人だった。

 もっとも、だからといって女性の運転能力が生まれつき劣っているとは限らない。むしろ、女性は運転が下手という固定観念に惑わされて自信を失っている場合が多いようだ。

 ナショナル・カー・パークスの調査では「自分は大半の男性より車庫入れがうまい」と答えた女性は回答者の5分の1以下。別の実験では、女性に自信を与えて固定観念を取り除くと、運転スキルが顕著に向上した。

 そもそも、ひとたび路上に出れば男性ドライバーのほうがずっと「危険」だ。アメリカでは死亡・重傷事故の8割は男性が引き起こしたもの。飲酒運転をする男性も女性の3倍に上る。

 ハンドルを握る女性は、駐車場の柱よりも男性ドライバーを警戒したほうがよさそうだ。

© 2012, Slate

[2012年12月12日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米、中国と通商協議継続=トランプ大統領

ビジネス

利下げ効果見極めを、経済リスク下向き=ブレイナード

ワールド

北朝鮮、非核化協議の窓口開かれている=ビーガン米特

ワールド

米中の「第1段階」通商合意、来年にずれ込みも=関係

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月