最新記事

シリア

ホウラ大虐殺で一線を超えたシリア

昨年からの反体制活動で死者は9000人以上。国際社会はいつになったらアサド政権を止めるのか

2012年6月1日(金)16時43分
ピリヤンカ・ボガニ

世界の目の前で 至近距離で撃たれた遺体も(国連監視団に遺体を見せる住民、5月26日) Reuters

 シリア西部のホウラで先週末、多数の女性や子供を含む民間人108人が殺害される事件が起きた。シリア政府は5月31日、虐殺は反体制派が行ったものだという暫定調査結果を発表した。

 首都ダマスカスで行われた記者会見で、調査委員会の責任者であるカセム・ジャマル・スレイマン准将は、犠牲者は「反政府行動を拒否したり、反政府武装勢力と対立していた人々だ」と述べた。スレイマンによれば、600〜800人の男がフーラにいた治安部隊を襲い、別の武装した男たちが住民を殺害した。犠牲者の中には、議員の親族も含まれていたという。

「(虐殺の)目的は、シリアに対する外国の軍事介入を何としてでも実現させることだ」と、スレイマンは指摘した。

 だが、イギリスが本拠の「シリア人権監視団」とシリア反体制組織「地域調整委員会」によれば、31日に自動小銃と迫撃砲でホウラを攻撃してきたのは政府軍だという。先週の虐殺に続き2度目だ。ホウラの住民が逃げ惑うなか、少なくとも1人の若い男性が狙撃されて亡くなった。

 反体制活動家たちは、ホウラ虐殺事件は政府軍と政府系民兵組織「シャビハ」のしわざだと語っている。BBCの特派員ポール・ウッドはこう述べる。「パターンはこうだ。反体制派の支配地域を政府軍が砲撃し、そこに民兵組織シャビハが入っていって人々を殺す」

国連監視団は単なる目撃者か

 国連平和維持活動局のエルベ・ラドスー局長も、シャビハが虐殺に関与した「強い疑い」があると述べている。独ベルリンを拠点とする反体制組織「シリア国民評議会」のホザン・イブラヒムは国際放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)に対し、アサド政権の下でシャビハは抗議行動を鎮圧し、反体制派を殺す道具になっている、と語った。

 国連が最近発表した報告書によれば、シリアでは昨年から続く反政府抗議行動の中で9000人以上が犠牲になっている。また300人近い規模の国連停戦監視団が派遣されているが、停戦調停は成功していない。

 潘基文(バン・キムン)国連事務総長は31日、トルコのイスタンブールで講演し、国連監視団は「罪のない人々の大量殺戮の証人となるためだけに」、シリアに派遣されているのではないと語った。ホウラ虐殺事件を機に「シリアは内戦に突入しかねない。そうなれば、あの国は二度と立ち直れないだろう」とも述べた。

 国連人権理事会は6月1日、シリア情勢についての特別会合を開く。ロイターの報道では、同理事会はホウラ虐殺の「国連による徹底調査」を求める予定だ。しかしEU諸国は、その決議を支持しないだろう。シリア政府に十分な打撃を与えるものではない、との懸念があるからだ。「そんな文面では弱すぎる、というのが全般的な意見だ」と、ある中東の外交官はロイターに語っている。

 今や、国連の停戦仲介は失敗するとの見方も出てきた。ホウラ虐殺が恐ろしい転機とならないよう、国際社会はプランBを考えなければならない。

From GlobalPost.com

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中