最新記事

スパイ

KGB流に回帰するロシアの国民監視術

盗聴と隠し撮りで反政府派を陥れる情報機関。旧態依然の手口と進歩した盗聴技術が市民の私生活を脅かす

2012年3月9日(金)16時28分
アンナ・ネムツォーワ(モスクワ)

甦る過去 疑惑の影に包まれたクレムリン宮殿 Walter Bibikow-The Image Bank/Getty Images

 1月のある日、ロシアの元下院議員ウラジーミル・ルイシコフと現職の下院議員ゲンナジー・グドコフは、モスクワ市内のクレムリン(大統領府)近くの喫茶店で落ち合って話をした。親しい政治家同士の私的な会話だった。

 ところがその様子が隠し撮りされており、10分間の映像になって動画サイトYouTubeに投稿された。さらに2日後には政府寄りの大衆向けニュースサイトで会話の一部が紹介された。2人が他の野党指導者をどうやって「失脚させる」か、話し合ったとされる部分だ。

 かつて旧ソ連の諜報機関KGBの後身であるロシア連邦保安局(FSB)の工作員だったグドコフには、隠し撮りの方法が手に取るように分かったという。「6人ぐらいによる作戦だ。1人が電話を盗聴し、4〜6人で尾行して店に着く15分前には録画・録音装置を整える」

 彼は作戦経費を30万ドル以上と見積もる。「なぜ公金をそんなことに使うのだろう。テロやクーデターを計画したわけじゃない。2月に予定された合法的な抗議行動に関する話だった」

 かねてからロシアの野党指導者や人権活動家は当局に対し、誰の指示で電話の盗聴や私生活の隠し撮りが行われているのか、調査すべきだと主張してきた。グドコフには、背後にいる人間がはっきりと見えている。「クレムリンは禁じ手を使うようになった。今やFSB以外の6〜7の特殊機関も野党に対するスパイ活動を許可されている」

 しばらく前には反政府派の大物ボリス・ネムツォフも被害に遭った、とグドコフは言う。ソ連時代には市民が隣家の鍵穴をのぞいて見聞きしたことをKGBに告げ口をするといった暗い過去があったものだが、今ではFSBその他の情報機関が、反政府派や市民社会に対するスパイ活動に精を出している。

旧ソ連圏全域が危ない

「この汚い事件を許すわけにはいかない。刑事訴追を目指す」とグドコフは息巻く。確かに国会議員の権限で捜査を要請することは可能かもしれない。

 だが一般市民の場合はまず法的な手段など取れない。ダゲスタン共和国で週刊誌の編集長だったナディラ・イサイエワは、性的に露骨な内容の通話記録をネットで公開された結果、解雇され故郷も追われる羽目になった。誹謗中傷をするウェブサイトのことを、彼女は「汚いニュースを何でも吸い込むごみ集積所」と呼ぶ。

 風刺作家として名高いジャーナリストのビクトル・シェンデロビチも犠牲になった。ネット上に不倫ビデオを流され、劇場公演の中止を余儀なくされた。

「電話の盗聴は旧ソ連圏全域で慣行と化した。KGBと同じ手法だが盗聴や盗撮の技術が進歩した」と、人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのモスクワ支部長代理タチアナ・ロクシナは指摘する。08年の南オセチア紛争では、グルジアで不審な会話記録文や電話の録音音声がネット上に飛び交ったそうだ。

「ウズベキスタン、ダゲスタン、イングーシ、チェチェンなどで、人と会う約束を電話で交わすことは危険だ。私たちが保護している人たちに、特殊機関がすぐさま接触してくる」と、ロクシナは言う。彼女は情報当局による干渉を中央アジアと北カフカス地方で何度も経験している。

「好むと好まざるとにかかわらず、もう電車は発車した。何か変えたくても手遅れだ」と、情報政策担当の下院議員ロベルト・シュレーゲルは言う。「寝室にもプライバシーはないものと覚悟すべきだろう」。唯一の対策は、「常に自分の言動に気を付けるしかない」

[2012年2月 8日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中