最新記事

北朝鮮

「偉大なる指導者」「親愛なる指導者」の次は何?

まだ何の功績もない金正恩にふさわしい呼称は何か、誰がどうやって決めるのか

2011年12月21日(水)15時57分
ウィル・オレマス

煽動部泣かせ? 金正日(右)の死去で突然大役に就いた三男の金正恩(2010年10月) Petar Kujundzic-Reuters

 北朝鮮の金日成(キム・イルソン)は、国民の間で「偉大なる指導者」として知られていた。その息子であり、後継者となった金正日(キム・ジョンイル)総書記は「親愛なる指導者」だった。

 では今、その後継者となった金正恩(キム・ジョンウン)はいったいどんな指導者と呼ばれるのか? 北朝鮮の独裁者に付ける形容詞を決める責任者は誰なのか。

 それは宣伝扇動部だ。他のスターリン主義的な独裁政権と同じく、北朝鮮ではプロパガンダは重大な仕事。宣伝扇動部は「アジプロ(扇動宣伝活動)」という言葉の元になったソ連の機関をモデルにしており、体制強化のためのスローガン、芸術作品、映画、報道を広めるという任務を負っている。例えば新しい指導者や後継者として、ある人物への支持を集めるべき時に、その愛称を決めるのも彼らだ。

 第二次大戦後にソ連の後ろだてを得て北朝鮮の実権を握った独裁者、金日成がいつ「偉大なる指導者」と呼ばれ始めたのかは完全には明らかでない。早くも1949年にはその呼称が使われていたという説明もある。実際に定着したのは60年代だ、との指摘もある。中国とソ連の対立を受けて、金がソ連から距離を置くようになり、北朝鮮という国家を自らの理想に合わせて作り変えようとした時期だ。

血筋しか威張れるものがない

「偉大なる指導者」という呼称の定着に最も力を入れたのが、息子の金正日だろう。彼は自らが立派な後継者であることを証明しようと、父のプロパガンダ活動で主導的役割を担い、父の偶像を造形する責任者となった。「偉大なる指導者」という呼称を考えたのは金正日ではないが、その普及に努めたのは彼だ。

 80年代前半までに、金正日は朝鮮労働党のトップと、父の後継者としての地位を確立した。彼が「親愛なる指導者」という呼称を得たのは82年。父・金日成はまだ「偉大なる指導者」と呼ばれていた。

「偉大なる指導者」や「親愛なる指導者」という呼称からは、北朝鮮のすべての独裁者が「指導者」に好意的な形容詞を付けて表現されるかのような感じを受ける。しかし、その翻訳が誤解を招く恐れもある。金日成と金正日の呼称は朝鮮語では違った名詞が使われ、父親のほうが高尚な言葉が当てられている。それに金日成の別称は1語で、息子の金正日は2語から成っている。

 では金正日の三男・金正恩はどうか。09年、彼が「英明なる同志」という呼称を得たときに、指導者としての地位継承に向けた動きは始まった。昨年、それが「親愛なる若き大将」に変わった時点で、権力への道が確立されたと思われる。国営メディアは父・金正日の死を伝えるニュースで、彼を「偉大なる継承者」と呼んだ。20代の金正恩には彼自身の功績がないので、その呼称は権力継承の正当性、つまり血筋を強調するものになっている。

 新しい指導者の呼び名はこのまま変わらないのか。それは事態がどう展開するかにかかっている。金正恩が数十年も権力の座にあり続けたら、おそらく今の呼称を脱ぎ捨て、自分自身の力で何らかの「指導者」になるのだろう。

Slate特約

ニュース速報

ビジネス

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

ワールド

焦点:英経済に「相当厳しい」新ブレグジット協定案

ビジネス

G20財務相、デジタル通貨の厳格規制で合意 深刻な

ワールド

トランプ氏、次期エネルギー長官にブルイエット副長官

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月