最新記事

動物

愛犬も仰天!「超」贅沢ペットアイテム

女優系カウチから携帯型スパ装置まで、知恵とお金を注ぎ込んだペット用アイデア商品ベスト7

2011年1月24日(月)13時20分
ケイティー・カローティー

気分は女王様 プーチー社の豪華カウチベッド「ヘップバーン・コレクション」は体重4・5キロ以下のワンちゃん用。ピンクとブラウンの2色展開 POOCHIE OF BEVERLY HILLS

 首ひもやボールなんてもう古い? 今ではイヌやネコ、金魚までさまざまなペットの心をつかむ超高級商品がたくさん登場している。愛する「家族の一員」に贈る特別なプレゼントを探してみると......。

■豪華カウチベッドでスター気分

セレブ犬用の家具を提供するビバリーヒルズのプーチー社のカウチベッド「ヘップバーン・コレクション」は、クリスタルの脚と小粒のクリスタルを施した背もたれがポイント。上質なマットレスが愛犬に映画スターのような目覚めを約束する。1200ドル


■合体した未来系の「金魚鉢」

大きめの魚は小さな水槽に入れたりせずに、「ラビリンス・アクアリウム」で広々と泳がせてあげたら? 金魚鉢のような円形の水槽を6つつないだ斬新なデザインで、魚が自由に行き来できるようになっている。6500ドル
ヘップバーン・コレクション


■52カラットが輝くダイヤの首輪

大金を持て余している人には犬用の宝石もある。アイラブ・ドッグズ社の首輪「アムール・アムール」は中央のチャームにあしらった7カラットの巨大ダイヤに加えて、1600個以上の小粒ダイヤがあしらわれていて合計52・2カラットを使用。320万ドル

■泥んこになったらスパでリフレッシュ

凝ったデザインで一見「洗車マシン」みたい? 実はこれ、犬用のスパ装置。移動できて、屋内でもアウトドアでも蛇口につなげば使用できる。ジェットマッサージや調節可能なシャワーも装備。1250ドル

アムール・アムール


■VIPパルファムで飼い主も悩殺

レープーシュ社の犬用のVIPパルファムは、どんなわんちゃんも最高の匂いに変える。キンモクセイやサンダルウッド、ベチバー、オリスの香り。需要が高すぎて現在は一部の顧客にのみ提供しているとか。3000ドル

■高さ2メートル、室内用の猫タワー

猫が木に登って降りてこないときほど困ることはないが、ペット・ツリーハウス社の猫タワーを室内に置けば大丈夫。スギの幹にシルク製の葉を付けた人工の木は本物そっくり。猫が爪を研いだり休んだりできる。999ドル

VIPパルファム


cleardot.gif


■犬小屋だってケープコッド様式

わんちゃん用の「小さな家」を探しているなら、ドゥーワグル社のケープコッド様式の犬小屋で決まりだ。屋根は板でふいたアメリカの伝統的なスタイル。家の一部には柵で囲まれたスペースが設けられていて、自由に飛び回れる。2695ドル

[2010年12月15日号掲載]

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中