最新記事

チベット

ダライ・ラマは聖人にあらず

世界が仰ぎ見る「けがれなき」人は、実は中絶と同性愛に否定的。理想郷化がもたらす大き過ぎる弊害

2010年3月25日(木)14時47分
クリスティーナ・ラーソン(フォーリン・ポリシー誌編集者)

灯台か広告塔か ダライ・ラマを崇拝する人々は、彼の保守的な側面は見ようとしない(09年8月、スイスのローザンヌで) Valentin Flauraud-Reuters

 チベットと聞いて人々が想像するもの──雪に覆われた山々と息をのむような絶景、風にはためくチベット仏教の祈祷旗、透き通るような青い空、サフラン色の法衣をまとい祈りのマニ車を回す僧。そして何より、時が止まったような神聖さ。

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世もやはり特別だ。揺るぎない信念と深い慈悲の持ち主で、彼自身が啓示であり道義的な羅針盤であり、騒然とした現代の国際社会にあっても航路を照らし続けてくれる灯台だ。

 独立運動や困難な政治状況を脇に置き、西側にとってのチベットの意味をひとことで表すとすれば、「けがれなさ」だろう。こうしたイメージは、リチャード・ギアやスティーブン・セガールなどのハリウッド・スターがチベット独立を崇高な運動に祭り上げるよりずっと以前から定着していた。

 最も有名なのは1933年のイギリスの小説『失われた地平線』だ。主人公はヒマラヤ山中のラマ寺院を訪ね歩くうち、いつも満足して幸せで若々しく、一般人の悩みからは隔離されたような謎めいた人々に出会う。『チップス先生さようなら』で有名な作者のジェームズ・ヒルトンがこの作品で描いたのは、かすみのかかった渓谷にたたずむ僧院「シャングリラ」だ。以来、シャングリラは地上の理想郷と同義語になった。

 チベット問題に、遠く離れた西側の多くの人が親近感を持っているのは、ダライ・ラマが精力的に世界を飛び回って訴えているからだけでなく、何より、チベットがはるか昔から西側の人々の心を捉える存在だったせいだ。

 同じ中国の少数民族でも、ウイグル人の窮状にはわれわれは気付かなかった。新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで、彼らが暴動を起こすまでは。

 私が住むワシントン界隈では、チベット仏教の祈祷旗タルチョを連帯の印としてバルコニーやポーチに掲げている家も少なくない。2月18日には、中国政府の激しい抗議にもかかわらず、バラク・オバマ米大統領がホワイトハウスでダライ・ラマと会談した。

名声にあやかりたがる外国人

 ダライ・ラマは精神的指導者というだけでなく、宗教や自己啓発に関して多くの本を書いている。『ダライ・ラマ 科学への旅──原子の中の宇宙』(邦訳・サンガ)や『こころの育て方』(邦訳・求龍堂)などの本は、各国の言語に翻訳され出版されている。

 ヨーロッパに行けば一国の政治指導者のところに立ち寄ることもあるし、ロサンゼルスに行けばエンターテインメント業界の大立者にも会える。1989年にノーベル平和賞を受賞し、米タイム誌が毎年選ぶ「世界で最も影響力のある100人」にも2度選出されている。初めて西側へ旅したダライ・ラマとして、彼は実に見事な国際的イメージをつくり上げた。

 ダライ・ラマの名声と地位があまりにも高いので、最近はその話題性にあやかりたい一心でダライ・ラマを表彰するケースもあるようだ。ポーランドの町ウロツワフは08年、ダライ・ラマを名誉市民にした。米テネシー州メンフィスも昨年9月、似たような申し出を行っている。

 だが、西側がダライ・ラマのことをどれだけ知っているというのだろう。慈悲の精神や環境保護といったダライ・ラマの主張は主としてリベラル派の間に多くの信奉者を持つ。だが彼の社会的な保守性はよく知られていないか、故意に無視されている(イギリスのジャーナリスト、クリストファー・ヒッチェンズは例外の1人だ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

世界のロシア向け半導体輸出、同盟国との規制で9割減

ワールド

ロシア大統領、NATOが北欧2国に軍備なら「相応の

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月