最新記事

政治

色あせたオレンジの夢

2009年4月7日(火)15時48分
オーエン・マシューズ(モスクワ支局長)

渋々支援する西欧の本音

 問題はそれだけではない。ユーシェンコはナフトガスとガスプロムの直接取引を認めず、ロスウクルエネルゴなどの怪しげなガス商社を間に介して取引させている。ロスウクルエネルゴは、ユーシェンコの長年の有力支持者であるドミトリー・フィルタシが共同オーナーの会社だ。

 これでは、西欧諸国がウクライナを冷ややかにみるのも無理はない。西欧の経済も深刻な打撃を受けているなかで、これまで財政再建の約束を破り続けてきたこの国に財政支援を行うことに、EUはうんざりしている。

 ウクライナの望んでいるEU加盟は、(もともと実現の可能性が乏しかったが)ますます絶望的になった。ウクライナのNATO(北大西洋条約機構)への加盟に以前から否定的だったドイツとフランスは、いっそう態度を硬化させている。

 しかし西欧にとって、ウクライナを見捨てるリスクはあまりに大きい。ウクライナの経済がさらに悪化して失業率がはね上がれば、社会不安が増し、大量の人間が国境の外に流出する可能性が高い。移民の波が押し寄せれば、ただでさえ脆弱な東欧のEU加盟国の経済の土台が揺らぐ。

 それに、西欧がウクライナに助けの手を差し伸べなければ、ロシアの思う壺だ。ロシアはこの危機に乗じて、ウクライナへの影響力を取り戻そうともくろんでいる。現にロシア財務省は最近、ティモシェンコの求めに応じて50億ドル相当の融資を行うことに前向きな姿勢を示している。

「数十億ドルの金を惜しんで、熱烈な親EU、親NATOの国を破綻させる」べきではないと、モスクワ駐在のある欧米の国の外交官は言う。「友達を見捨ててはいけない......そうでないと、もう誰も友達になってくれなくなる」

 その点は、西欧諸国もよくわかっているようだ。なんだかんだ言っても、EUはウクライナに対するIMF(国際通貨基金)の緊急融資枠を拡大するための資金提供に踏み切る可能性が高い。欧州復興開発銀行(EBRD)もウクライナに10億ユーロの融資を行う方針を示している。「ウクライナの安定はヨーロッパの未来に不可欠」だと、EBRDのトマス・ミロー総裁は言う。「ウクライナを無秩序状態にしてはならない」

 ウクライナ国民も西欧と距離をおくつもりはなさそうだ。世論調査によれば、国民はロシアより西欧への親近感を強めている。ロシア流の強権政治の上っ面だけの安定より、不安定でも本物の民主主義を望んでいることも明らかだ。

「この5年間のロシアの行動はことごとく、ウクライナをこれまで以上にNATO寄り、ヨーロッパ寄りに押しやった」と、ロシアの政治アナリスト、スタニスラフ・ベルコフスキーは言う。実際、今やウクライナ議会に親ロシアの議員などいない。04年の大統領選でロシアの後押しを受けた与党候補だったビクトル・ヤヌコビッチ前首相ですら、もはやロシア政府寄りの立場を取っていない。

強い指導者は登場するか

 ウクライナ経済の状況は予断を許さないが、キエフで大規模なデモはほとんど起きていない。国民の鬱積した不満が全土に拡大した04年のオレンジ革命のときとはまるで違う。政府も抗議活動に冷静に対処している。市民の抗議デモを治安部隊で粉砕し、デモ参加者を秘密警察に撮影させているロシアとは大きな違いだ。

 しかし年末に予定されている大統領選が近づけば、平穏は続かないだろう。IMFは融資の条件として財政赤字削減を厳しく要求しており、政府は歳出削減に踏み切らなくてはならない。ガス料金の引き上げなど、国民生活にも痛みが伴う。

 そうなれば、国民のユーシェンコに対する不満、ひいては弱体政権が続いているオレンジ革命以降の状況への不満はさらに増す。事実、すでに国民の80%は「強力な指導者」を望んでいる。

 世論調査の支持率で現在トップを走るティモシェンコがこのまま大統領選で勝てば、その「強力な指導者」になれそうにみえる。多くの国民と同様、ティモシェンコはオレンジ革命の民主主義の理念に背を向けてはいないが、「オレンジ系」政治家という汚れた看板を捨て去り、汚職と戦う「純白のハート」の政治家と称している。

 国民の不満の高まりに、ティモシェンコがどう対処するかはまだわからない。しかしティモシェンコが新大統領として痛みを伴う歳出削減を断行すれば、ウクライナの足腰が強くなり、やがてこの国に安定と繁栄が訪れる日が来るかもしれない。4年半前にオレンジ革命が国民に約束したように。

[2009年3月25日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月