最新記事

ヘルス

「老化細胞を破壊すれば長生きできる」 アメリカの研究チームが発表

A Cure for Aging?

2019年01月15日(火)16時00分
リサ・スピアー

PEATHEGEE INCーBLEND IMAGES/GETTY IMAGES

<一部の細胞を薬剤で破壊することで老化を阻止し、寿命を延ばせるという新たな研究結果が発表された>

人は年を取ると骨がもろくなったり、臓器が徐々に機能しなくなったりする。だが加齢に伴うこうした現象を食い止めることができるかもしれない──メイヨー・クリニック(米ミネソタ州)の研究チームが医学誌ネイチャー・メディスンに発表した論文は、そんな期待を抱かせる。

論文によれば私たちの体内には、加齢に伴う多くの病気を引き起こす「老化細胞」がある。これらの細胞は死滅することなく、加齢とともに体内に蓄積される。老化細胞が暴れ出すことで他の細胞を死滅させ、それによって多くの病気を引き起こしている可能性があるという。

だが研究チームはマウスを使った実験から、これらの老化細胞を破壊すれば悪影響を阻止し、あるいは覆せる可能性もあると結論付けている。

【参考記事】もう既に不老不死の時代!?「あと10年で、寿命回避速度に入る」レイ・カーツワイル氏

研究では、老化細胞を移植して通常よりも早く老化が進むようにした若いマウスと、自然に高齢となったマウス(人間の80〜90歳に相当)を準備。両方に白血病の治療薬ダサチニブと、果物や野菜に含まれる植物性化合物フラボノイドの一種であるクェルセチンを投与した。

その結果、両マウスの体内にある老化細胞は死滅。若いマウスの老化は阻止され、高齢のマウスは走るスピードが速くなったり、つかむ力が強くなるなど、総合的により活発になった。

老化細胞が破壊されたマウスの寿命は最大で36%延びた。とはいえ、寿命末期の衰弱期間が延びたわけではない。老化細胞が死滅したことで、加齢に伴う病気の進行が遅れたのだ。「研究の主眼は寿命を延ばすことではなく、健康状態を改善すること。その結果、生存期間が延びるのなら、うれしい副作用だ」と、論文の筆頭著者であるジェームズ・カークランドは言う。

【参考記事】中国人も怒る世界初の遺伝子編集ベビー

米老化研究所のリチャード・ホーズ所長はこの研究について、老化細胞を標的にすることで、マウスの加齢に伴う問題の進行を遅らせて寿命を延ばし、健康を向上させられる「説得力ある証拠」だと語っている。

研究チームは人間の脂肪組織に同様の薬剤を投与する実験を行い、期待の持てる結果を得ているという。既に米食品医薬品局(FDA)から臨床試験の認可も受けた。数年以内には、研究チームが開発した薬物群が骨粗鬆症(こつそしょうしょう)やアルツハイマー病などの治療に役立つかどうかが分かるだろう。

「仮に寿命を延ばせなくても、健康に過ごせる年月を長くしたい」と、カークランドは期待を寄せている。

[2018年8月 7日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:4―6月期、生産減など1000億円規

ワールド

米黒人男性の死因は「窒息」 独立検視官、殺人と断定

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

ドル下落、景気回復期待でリスクオン=NY市場

RANKING

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!