最新記事

健康

ニューヨークで注目「電子たばこ」専門バー

煙の代わりにニコチンを含む蒸気を吸う「健康たばこ」にブームの予感

2013年11月11日(月)18時27分
バーバラ・ハーマン

ファン増加中 灰も特有のにおいもない電子たばこは女性にも人気 Shaminder Dulai

「たばこ」と「健康」という言葉が同じ文章で使われなくなって久しい。だが、ニューヨーク初の電子たばこバーの狙いが当たれば、スローフードやアシュタンガヨガのような「健康ブーム」の仲間入りを果たすかもしれない。

 電子たばこはニコチンを含む液体を熱し、煙の代わりに蒸気を吸う。従来のたばこのような灰もタールもなく、特有のにおいもしない。今夏ソーホーに登場したヘンリー・ベイポリアムは、酒ではなく電子たばこをたしなむバー。電子たばこを啓蒙する社交の場でもある。カウンターのスツールに腰掛けた客は蒸気を吐きながら、白衣姿の「ベイポロジスト」の解説に耳を傾ける。

 共同経営者のタリア・アイゼンバーグは20代の元画廊オーナーだ。コロラド州ボールダーに住んでいた数年前に「パーティーガール」を卒業した。

 改心した彼女はエクササイズをして、体に良い食べ物を選んだ──正確には、喫煙の合間に健康的な生活に励んだ。「登山の途中でたばこ休憩を取っていた。やめなければいけないことは分かっていたけど」

 そんなときに電子たばこと出合い、たばこはすっぱりやめたという。アイゼンバーグは急成長していた電子たばこ業界に参入しようと決めて、2年前に複数の起業家と電子たばこのブランド「ヘンリー」を立ち上げた。

やがては規制の対象に?

 ヘンリー・ベイポリアムはそのアンテナショップでもある。約250平方メートルの店内では、吸い切りタイプや詰め替え用カートリッジの電子たばこを試せる(18歳以上に限る)。ニコチン含有量は0〜24ミリグラムと幅があり、フレーバーは80種類以上ある。

 10種類以上の低温圧搾(コールドプレス)のジュースや有機栽培のコーヒー、完全菜食主義の料理を提供するコーナーも近く開設される。ライブや映画上映、トークイベントなどができる文化の拠点にもしたいと、アイゼンバーグは考えている。

 電子たばこは「健康」や「安全」をうたうことが法律で禁止されており、今のところ米食品医薬品局(FDA)の規制の対象外だ。ただし、それも時間の問題かもしれない。40以上の州の司法長官がFDAに対し、電子たばこをたばこと同じような扱いにして、広告や成分を規制し、特に未成年への販売を禁止するよう求めているのだ。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月