最新記事

米大統領選

ブッシュ徹底排除、共和党員の複雑な本音

大統領候補を指名する共和党大会で、ブッシュ前大統領の登場はビデオ映像だけ。前政権の8年間を「封印」する戦略には批判的な声も

2012年9月3日(月)15時55分
デービッド・ウィーゲル

忘れたい過去 共和党大会にビデオで登場したブッシュ親子(8月29日、タンパ) Mike Segar-Reuters

 秋の大統領選に向け、フロリダ州タンパで行われた米共和党全国大会の3日目のこと。舞台の照明が落ちたかと思うと、満を持して、あの男が姿を現した。ジョージ・W・ブッシュ前大統領だ!

 ただし、登場したのは実物ではなく、スクリーンに映し出されたビデオ映像だった。ビデオの冒頭でブッシュは、大統領就任後、ホワイトハウスの主となった自分の姿を父親であるジョージ・H・W・ブッシュ元大統領に初めて見せた日を回想する。あの時、どれほど誇らしく感じたことか――。

 すると今度は、カメラの前に父ブッシュが現れ、当時の思い出を語りだす。「私はホワイトハウスのバスタブにつかっていたんだ」と、父ブッシュはジョークを飛ばした。「そうしたら、側近がやって来て言うじゃないか。風呂から出てください、大統領は息子さんなんですよ!」

 今度は息子ブッシュが語った。「私たちはこう言い合った。『ようこそ、ミスター・プレジデント』、『こちらこそ会えてうれしいよ、ミスター・プレジデント』。交わした言葉はそれくらいかな」

 昔を懐かしむご老人2人を映し出すこの5分間のビデオ映像が、今回の共和党大会が前政権について触れたほぼ唯一の瞬間だった。これを除けば、「ジョージ・W・ブッシュ」という名前が党大会の演説に登場することはほぼなかった。

登壇すれば大喝采を受けたはずだが

 副大統領候補に指名されたポール・ライアン下院予算委員長は、バラク・オバマが「引き継いだ」経済が今回の選挙の争点ではないと語った。だが、誰から「引き継いだ」のかには触れずじまい。前アーカンソー州知事のマイク・ハッカビーは、オバマは「前任者のせいにしている」と批判したが、その「前任者」の名前は出さなかった。

「オバマ大統領にブッシュ政権の話を持ち出させないようにするのが賢明だ」と、ブッシュ政権で大統領報道官を務めたアリ・フライシャーは言う。「人間というのは、自分の目の前にあること以外は考えないものだ。もしブッシュが実際に登壇したら、大喝采を受けただろう。それでも人々は、ブッシュが実際に登場しなくてホッとしたに違いない」

 彼らの胸の内は分からなくもない。だが8年間のブッシュ政権をなかったことにしようというのは、なんとも不自然だ。「彼は会場に来るべきだった」と、共和党のデニス・ハスタート元下院議長は語る。「私たちは彼を称えるべきだ。私が下院議長を務めていたブッシュ政権初めの2年間で、私たちは公債を約6500億ドルも削減した。その間に9・11が起こった。確かに政府支出は増えたが、そのほとんどは国防費や安全保障費だった」

 だが、世論調査からは別の見方がみてとれる。現在の不況の原因はオバマよりもブッシュにあると考えている国民のほうが、いまだに多数を占めているのだ。

 だからこそ、元フロリダ州知事でブッシュ前大統領の弟ジェブ・ブッシュは、共和党大会で初めて、ビデオではなく生身の人間としてブッシュの名前を口にしなければならなかった。「失政を兄ブッシュのせいにするのはやめろ」とオバマ批判を行ったのだ。ジェブは事前にFOXニュースに対し、兄を擁護することが自分の務めだ、と話していた。「今は、それこそが私の生涯の役目なんだ」

© 2012, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

エア・インディアのボーイング機、ロシアに緊急着陸 

ビジネス

再送-フォードのカナダ工場、生産車種をEVからガソ

ビジネス

全国コアCPI、6月は+2.6% コアコアは11カ

ビジネス

メタ、「レイバン」メーカーに5%出資交渉=WSJ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中