最新記事

前米大統領

ジョージ・W・ブッシュ流、第2の人生の探し方

歴史的な不支持率でホワイトハウスを去ったブッシュが、地元テキサスで支持者に囲まれながら新たな活動を模索している

2009年7月17日(金)15時00分
ビル・ミヌタリオ(テキサス大学教授)

メジャーリーグの開幕戦で始球式に向かうブッシュ前大統領(4月6日) Jessica Rinaldi-Reuters

 経済学の授業中、携帯電話に着信があった。テキサス州ダラス在住の大学生パトリック・ビブ(19)は画面に目を落とす。相手方の番号は非表示。大した用事じゃないな。ビブはそう判断し、電話に出なかった。授業後、残されたボイスメッセージをチェックすると、声の主はジョージ・W・ブッシュだった。

 その留守録で、つい最近までアメリカ合衆国大統領だった男は4度も「ありがとう」を言っていた。ビブが前大統領夫妻の「帰郷」歓迎のプラカードを作り、近隣の住民に1枚20ドルで売り歩いたと聞いて、大いに感動したということらしい。

 「この留守電で(感謝の思いが)十分に伝わるといいが」とも、ブッシュは言い添えていた。ビブは辛抱強く最後までメッセージを聞いてから電話を切り、次の授業に向かった。

 プラカードの販売を思い付いたのは、両親の住むプレストン・ホロウ地区にブッシュが引っ越してくると聞いたときだ。同地区はダラス北部に位置し、豪邸が立ち並ぶ超高級住宅街。ビブは売り上げの一部を自分の学費に充て、残りは近くの小学校に寄付した。

 次の授業中にも、また携帯が鳴った。今度は出なくちゃ、とビルは思った。「ごめん、大統領からの電話なんで」。ビブは友人にそう言って教室を出た。果たせるかな、電話の主はブッシュだった。

 ブッシュは、さっきと同じ感謝の言葉を繰り返すのみ。それでもビブは我慢した。でも、ついにしびれを切らした。「大統領、申し訳ないですが、今は授業中なので」。するとブッシュは
「分かった、授業に出るのが君の仕事だからな」と答えたとか。

 それから何週間かたった今も、ビブは前大統領との会話を思い出す。「僕はただ、彼に知らせてあげたかった。世論調査の結果がどうあれ、今もあなたを大事に思う人はたくさんいますよって」

 例えば、近所に住むモリー・ビルビグ。00年の大統領選挙のとき、彼女の孫ジェイク(当時6歳)はブッシュ陣営に1ドルの寄付をしようとした。ブッシュはそのことを覚えていたに違いない、だからこそ14歳になったジェイクを、引っ越してきたばかりの新居に招いてくれたのだ――と、彼女は信じている。

 歩いてやって来たジェイクを、ブッシュは裏庭に招き入れ、「質問があったら何でもお聞き」と言った。その日、ジェイクは前大統領と1時間半を過ごした。

 程なくして、ジェイクはブッシュ家の警護スタッフと親しく言葉を交わすようになった。ある晩、祖母のモリーが夕食の時間ですよとジェイクを呼ぶと、少年は少し怒った顔で家に入ってきた。「もう少しでローラ・ブッシュの警護スタッフの暗号名を聞き出せるところだったのに」

 今も昔も、ブッシュは気さくな男だ。だが大統領ゆえにずっと行動を制約されていた後だからこそ、今は近隣住民と気軽に言葉を交わせる時間が楽しいのだろう。

 そのブッシュが選ぶ「話し相手」を分析すると、もっと興味深いことが分かる。大統領時代のブッシュは、安全だが孤立した世界にいた。そのうえ不支持率73%で退任したのだから、普通なら人間不信に陥ってもおかしくない。

 退任後のブッシュは、本格的なインタビューを1つも受けていない。故郷での新しい生活に少しずつなじみ、古くからの友人や忠実な支持者(と10代の少年たち)との静かな交流を楽しんでいる。

講演活動で大儲け?

 「安心できる地元に戻って暮らすこと。それがブッシュの願いだった」と語るのは、歴代の大統領を研究しているテキサス大学のブルース・ブキャナン教授。「ブッシュは異論や反論を楽しんで聞けるタイプではない。今は、自分がリラックスできる世界をつくる必要性を感じている。だから自分を批判する人間は招かず、14歳の少年や支持者だけを招く」

 「自分の業績をめぐる議論に、ブッシュがどこまで本気で関わる気なのかは、まだ分からない」とブキャナンは付け加えた。「無視するかもしれないし、(大統領退任後に『賢人』として独自の道を歩みだした)ジミー・カーターのような道を選ぶかもしれない。あるいは講演で稼ぐだけかもしれない。いずれの可能性もあり得る」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ東部セベロドネツクが陥落、ロシアの「完全

ワールド

中国・習近平国家主席、香港返還25年式典に出席へ

ワールド

アングル:中絶の権利認めない米最高裁判断、立役者は

ビジネス

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月