最新記事

AI

メタ、生成AI特化の専門組織を発足へ...インスタなどに活用──MSやグーグルに対抗

2023年3月1日(水)09時00分
冨田龍一

REUTERS/Yves Herman/File Photo

<「メッセンジャー」、「インスタグラム」、「ワッツアップ」といった製品に役立てる>

メタのマーク・ザッカーバーグCEOは現地時間2月27日(以下、すべて現地時間)、コンテンツを自動生成するAIを製品に取り入れるため、専門組織を発足すると明らかにした。

ザッカーバーグによると、メタでは「ChatGPT」のように音声、コード、文章、画像、動画などを生成できるAIを開発中。フェイスブックへの投稿でこのように説明した。

「まず、生成AIの研究に取り組んでいる数多くのチームを1つの組織にまとめる。開発した生成AIを活用し、さまざまな製品を通じて優れたユーザー体験を提供していく」

ザッカーバーグによると、開発した生成AIによる文章生成は「メッセンジャー」や「ワッツアップ」、画像生成は「インスタグラム」のフィルターや広告などに役立てる。また「長期的にはさまざまな方法で人々を助けるAIペルソナを開発する」という。

CNBCが報じたところによると、新組織のトップはCPO(Chief Product Officer:最高製品責任者)のクリス・コックスが務めることとなるようだ。

メタは2月24日にも、20言語に対応した大規模言語モデル「LLaMA」を開発者向けに提供すると発表。ザッカーバーグはこう話していた。

【関連記事】メタ、対話型AIを公開──「ChatGPT」やグーグル「Bard」に対抗

「(大規模言語モデルは)文章の生成、対話、情報の要約だけでなく、数学の定理を解いたりタンパク質の構造を予測したりといった、より複雑な作業でも活用できる可能性を示した。メタはこのオープンな研究モデルにコミットしている」

マイクロソフトは検索エンジン「Bing」などに対話型AIを導入済みで、グーグルもその競合サービスとなる「Bard」を開発中。メタも本格参入することで、大手テック企業による生成AI領域での競争は今後も激化していきそうだ。

20230404issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年4月4日号(3月28日発売)は「小泉悠×河東哲夫 ウクライナ戦争 超分析」特集。日本有数のロシア通である2人の特別対談・前編。戦争の「天王山」/ウクライナ戦車旅団/プーチンの本音と正体……を超マニアックに語り尽くす

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

日中外相会談、拘束日本人の解放要求 法に基づき処理

ビジネス

デギンドスECB副総裁、金融セクターの広範なリスク

ビジネス

インフレ抑制、雇用へ打撃回避と両立可能=米FRBウ

ビジネス

FRBのクック理事、政策決定に金融情勢も検証と表明

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:小泉悠×河東哲夫 ウクライナ戦争 超分析

2023年4月 4日号(3/28発売)

戦争の「天王山」/ウクライナ戦車旅団/プーチンの正体......。日本有数のロシア通である2人の特別対談・前編

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    仲間を襲うニシキヘビにたかるマングースの群れ、皮膚をも剥ぎ取る

  • 2

    19歳のロシア女性「ヒグマが私を食べている!」と実況 人肉の味は親熊から仔熊に引き継がれる

  • 3

    泣いて助けを求めても、撮影を続ける少年たち...流行の「いたずら動画」で女性が一時意識不明に

  • 4

    ヘンリーはやはり騎士道精神あふれる愛情深い王子...…

  • 5

    アマゾン「新生活セールFINAL」開始!27%オフのアッ…

  • 6

    ロシア兵が仲間を「シャベルで処刑」の動画拡散...見…

  • 7

    動員ロシア兵100人超の「反乱」発生...報酬の不払い…

  • 8

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりシ…

  • 9

    女性兵士50人が犠牲に...北朝鮮軍が動揺した「鬼畜事…

  • 10

    北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

  • 1

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 2

    仲間を襲うニシキヘビにたかるマングースの群れ、皮膚をも剥ぎ取る

  • 3

    19歳のロシア女性「ヒグマが私を食べている!」と実況 人肉の味は親熊から仔熊に引き継がれる

  • 4

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った…

  • 5

    北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

  • 6

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 7

    泣いて助けを求めても、撮影を続ける少年たち...流行…

  • 8

    女性兵士50人が犠牲に...北朝鮮軍が動揺した「鬼畜事…

  • 9

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライ…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中には...

  • 4

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりシ…

  • 5

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 6

    仲間を襲うニシキヘビにたかるマングースの群れ、皮…

  • 7

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

  • 8

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 9

    ウクライナ軍兵士の凄技!自爆型ドローンがロシア戦…

  • 10

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中