最新記事

テクノロジー

新型コロナでひとり勝ちのアマゾン──ポストコロナに向けた「無人配送」戦略

Game of Drones

2020年6月5日(金)17時30分
ブライアン・ドゥメイン(米経済ジャーナリスト)

コンサルティング会社マッキンゼーによれば、配送を完全に無人化すればコストを40%以上削減できる。そうすればアマゾンにとっては年間100億ドル以上の節約になる。

アマゾンは2017年に、車の流れを判断して最適な車線にスムーズに入れるシステムの特許を取得した。またトヨタと組んで、無人貨客車両「イーパレット」を開発中だ(今年の東京オリンピック・パラリンピックで導入される予定だった)。

昨年前半には電動のピックアップトラックとSUVを手掛けるリビアン(ミシガン州)に対する7億ドルの出資を主導。またAVに不可欠な人工知能(AI)を開発するシリコンバレーの新興企業オーロラへの5億3000万ドルの資金調達も主導した。

こうした流れの中で、最初に普及するのは宅配用のAVになるだろう。不幸にして事故が起きても、AVは人を殺す可能性が低い。運悪く衝突を回避できない場合にも歩行者や自転車、他の車は避けて立ち木などに突っ込むようにプログラムされているはずだ。

目的地の決まっている配送用車両なら、走行ルートを決めやすいし、迷子になったり事故に遭遇するリスクも少ない。既に公道での走行テストも始まっていて、2018年1月30日にはシリコンバレーの新興企業ユーデルブがカリフォルニア州の公道を使って家庭へ食材を届ける実証実験に成功したと発表している。

顧客がスマートフォンのアプリで注文を出し、希望の配達時間帯を指定すると、システム側が配送車両を手配。目的地に着くと、顧客に荷物の受け取りに必要な暗証番号をメールする仕組みだった。顧客が配送AVのボディーにある画面に暗証番号を入力すると、扉が開いて荷物を取り出せる。荷物の取り出しが終われば扉が閉まり、AVは次の目的地へと向かうのだ。

新たな問題も生じる

アマゾンは昨年、地元ワシントン州で宅配ロボット「スカウト」の実証実験を開始している。このロボットはクーラーボックスに車輪を付けたような外見で、歩行者や障害物を避けながら人が歩く程度の速度で公道を走行する。目的地を認識すると停止し、客にテキストで到着を知らせ自動でふたが開く。客が荷物を取り出すとふたを閉め、次の配送先へ向かう仕組みだ。

なかなか賢いが、まだ人間並みの融通は利かない。今のところ、こうしたロボットが門を開けたり呼び鈴を押したりはできない。雨の日に荷物がぬれないように工夫するのも無理だ。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ感染深刻なインド支援の意向=外務省

ワールド

ドイツ上院、コロナ第3波の対策強化に向けた法案可決

ビジネス

バイデン氏、キャピタルゲイン増税提案へ 育児財源で

ビジネス

米ブラックストーン、第1四半期は大幅増益 資産売却

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月