最新記事

COVID-19のすべて

新型コロナウイルス感染症は、なぜ「COVID-19」と命名された?

2020年6月25日(木)19時20分
國井 修(グローバルファンド〔世界エイズ・結核・マラリア対策基金〕戦略投資効果局長)

ニューズウィーク日本版特別編集ムック「COVID-19のすべて」15ページより

<感染症対策の第一人者である國井修氏に、新型コロナウイルスについて分かっていることを聞いた。本誌特別編集ムック「COVID-19のすべて」に収録した14の素朴な疑問から>

Q2:新型コロナウイルス感染症は、なぜ「COVID-19」と命名されたのですか? 誰がどういう決まりで命名するのですか。

A:COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のウイルス名は、SARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こすウイルス(SARS-CoV)にゲノム配列が類似していることから、国際ウイルス分類委員会(ICTV)によってSARS-CoV-2と命名された。

これによって起こる病気は、国際獣疫事務局(OIE)と国連食糧農業機関(FAO)のガイドラインに基づいてCOVID-19と命名された。

コロナウイルス感染症(Corona Virus Disease)とそれが報告された年(2019)を組み合わせたものである。

以前はエボラ熱やジカ熱など、流行地にちなんだ命名もあったが、偏見や誤解にもつながるため、現在では地名、人名などを避け、名称決定についてはガイドラインに従うことになっている。

<本誌特別編集ムック「COVID-19のすべて」より>

【話題の記事】
「中国はアメリカに勝てない」ジョセフ・ナイ教授が警告
木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

202006NWcovid19Mook_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

SPECIAL ISSUE「COVID-19のすべて」が好評発売中。ゼロから分かるCOVID-19解説/歴史に学ぶ感染症の脅威/ポスト・パンデミックの世界経済......。錯綜する情報に振り回されないため、知っておくべき新型コロナウイルスの基礎知識をまとめた1冊です。

ニュース速報

ビジネス

楽天、社名を「楽天グループ」に変更 4月1日付

ワールド

メキシコ大統領の新型コロナ感染、軽症で経過は順調=

ビジネス

セブン&アイ、米ドル建て無担保普通社債109.5億

ワールド

21年の石油需要、ワクチンと経済回復で拡大=ウッド

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月