最新記事

コロナ時代の個人情報

「接触追跡アプリが第2波を防ぐには不可欠」ジョンズ・ホプキンズ大専門家インタビュー

CONTACT TRACING IS KEY

2020年6月16日(火)11時20分
フレッド・グタール(サイエンス担当)

Bill Oxford-iStock.

<感染拡大を防ぐのに、なぜ接触追跡が必要なのか。スマートフォンやアプリがどう役立つのか。「徹底するには医療従事者を大量に動員すべき」と、クリスタル・ワトソン助教は提唱する。本誌「コロナ時代の個人情報」特集より」>

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための行動制限を解除すれば、感染の第2波を引き起こすリスクが付いて回る。その結果、ロックダウン(都市封鎖)を解除しても、またすぐに再度のロックダウンを行う羽目になりかねない。
20200623issue_cover200.jpg
専門家によれば、それを避けるためのカギを握るのは接触追跡だという。新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した人がいれば、その人物が接触していた全ての人に連絡を取り、自己隔離を勧めるのだ。

徹底するには医療従事者を大量に動員すべきだと、米ジョンズ・ホプキンズ大学医療安全センターのクリスタル・ワトソン助教は提唱する。サイエンス担当のフレッド・グタールがワトソンに話を聞いた。

――大規模な作戦を迅速に実行するためには、何が必要なのか。

アメリカの公衆衛生政策史上、前例のない取り組みを実行しなくてはならない。公衆衛生に携わる人を大幅に増やす必要がある。

エボラ出血熱の感染が拡大したとき、(西アフリカの)リベリアは約1000人を雇って接触追跡を行った。この活動が目覚ましい成果を上げ、国防省が仮設病院を設営したときには感染者がかなり減っていた。新型コロナウイルスでも、既に同様のことを実施している国がある。

――具体的には、何を行うのか。

接触追跡の担当者が感染者に電話し、誰と接触していたかを尋ねる。そして、その人物の友人や家族、公共スペースで接触した可能性のある人たちにも連絡を取る。

――テクノロジーが接触追跡の役に立つ可能性は?

(スマートフォンやアプリなどの)テクノロジーは、感染者がスーパーマーケットに行ったときに、近くにいたかもしれない人たちを割り出すのに役立つ可能性がある。

――プライバシーの問題についてはどう考えているか。

プライバシーを全面的に守りたいという気持ちは理解できるが、感染拡大を制御するには、現実に接触追跡に役立つアプリを用いなければ意味がない。公衆衛生機関は、これまでも極めて機密性の高い情報を使って接触追跡を行ってきた。こうした業務には慣れている。

――有効な接触追跡を行うためには、1日にどれくらいの検査を行う必要があるのか。

少なくとも週当たり200万人に検査を行う必要があるだろう。ただし、地域ごとの感染状況の変化により、この数字も変わっていく。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

印マルチ・スズキ、純ガソリン車を7─10年で廃止へ

ワールド

インド石油会社への臨時課税、原油40ドル下落なら撤

ビジネス

仏タレス、豪州軍への物資提供でエクスパルと提携

ワールド

豪求人広告、6月は08年以来の高水準 利上げでも前

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月