最新記事

サイエンス

インフルエンザの季節、粘膜免疫の働きを高める乳酸菌の役割とは?

PR

2019年11月28日(木)16時20分
西山亨/TORU NISHIYAMA

空気が乾燥する冬が訪れると、インフルエンザをはじめとした感染症が流行する可能性が高まる。その感染リスクを低減させるのに役立つのが、目、鼻、口、腸管などの粘膜で異物の侵入を防ぐ「粘膜免疫」。なかでも「IgA(免疫グロブリンA)抗体」という生物防御物質が重要だという。さらに最近の研究で、特定のヨーグルトなどに含まれる乳酸菌に、このIgAを増やす作用があることが分かってきた。

唾液や鼻汁などの粘液に存在するIgAは人間になくてはならない抗体

ヒトの体は実にうまくできている。口や鼻からウイルスや細菌などの病原体が侵入しても、口腔から上咽頭にいたる気道の粘膜で、IgA(免疫グロブリンA)と呼ばれる抗体が病原体にくっついて無毒化し、胃や腸を経て体外に排出してくれる。IgMやIgGなどさまざまな種類があるが、体内で最も多く産生されるのがIgA。口腔内などの粘膜の表層で働き、唾液や鼻汁といった粘液にも含まれるこの抗体は、外敵を排除する「第一関門」として人体を守っている。

medicine191128ldb-2B.jpg

「IgAなどの粘膜免疫は、私たちがもともと備えている生体防御系をフルに動員する点で極めて効果的。私たちの体の中でIgAはとても大事なのです」と話すのは、徳島大学先端酵素学研究所で酵素に関する研究を行っている特任教授・名誉教授の木戸博氏。同氏によれば、現行の皮下注射型のインフルエンザワクチンには、感染そのものを予防する効果は期待できないという。皮下注射のワクチンは、既に体内に入り込んだウイルスを血液中で迎え撃つ「IgG抗体」を誘導するため、肺炎の併発などの重症化を予防する効果はある。だが、口や鼻の粘膜でウイルスの侵入を食い止めるIgAを誘導するわけではないため、感染自体を防ぐことはできないのだ。

medicine191128ldb-3B.jpg

「特定の乳酸菌を食べることで腸管免疫を活性化させ、ウイルス感染が抑制される」と語る木戸氏

現在、鼻に噴射したり口から飲むなどの形で粘膜免疫に直接働きかけるワクチンの開発が進んでいるが、それと並んで木戸氏が注目するのがLactobacillus bulgaricus OLL R-1(以下乳酸菌1073R-1株)で発酵したヨーグルト。タミフルのような抗インフルエンザ薬の「弱点」(副作用)を補いながら、免疫力を高める効果が期待できるという。

木戸氏によれば、抗インフルエンザ薬はウイルスの増殖を抑えて症状を改善するが、体内でウイルスが十分に増えないために、同じウイルスへの再感染を防ぐ「獲得免疫」を得にくくなるというデメリットもある。そんなとき、乳酸菌R-1株で発酵したヨーグルトを食べていると腸管の粘膜で抗ウイルスIgAの産出が活性化したという研究もある。免疫が強化され、感染の予防と重症化予防の両方にもつながるのではないか。

ニュース速報

ワールド

米英FTA、近く合意の公算 進展に「極めて満足」=

ビジネス

ユーロネクスト取引再開、前日の障害サイバー攻撃の可

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン治験、米で週内再開も

ワールド

ブラジルは中国の影響拡大監視を、米政府高官が呼び掛

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月