最新記事

安全

居眠り運転の意外な原因 開始15分で眠気を誘う要因が分かった

The Hidden Trigger

2018年7月30日(月)17時20分
カシュミラ・ガンダー

「振動」をコントロールできれば事故のリスクも減らせそうだ

<眠気を誘うのは疲れや単調な道路だけではなかった>

居眠り運転は、どの国のドライバーにとっても最も身近な脅威の1つ。米疾病対策センター(CDC)によれば、アメリカでは18歳以上のドライバーの25人に1人が、過去30日間で1度は居眠り運転をしたという。

13年には居眠りが原因の衝突事故が全米で7万2000件発生しており、4万4000人が負傷、800人が死亡している。しかしこの数字に含まれない事故も数多く、実際の死亡事故は6000件に達する可能性があるとする専門家もいる。

運転中に眠気を誘う要因としては疲れや単調な道路が指摘されてきたが、先頃新たな説が浮上した。人間工学関連の英機関誌「エルゴノミクス」に発表された研究によれば、車やトラックのような乗り物がもたらす「低周波の安定した振動」が、十分に休息を取った健康な人にさえも眠気を生じさせる可能性があるというのだ。

オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)の研究チームは、単調なハイウエーでの運転を再現した上で、「低周波の振動あり」と「振動なし」のシミュレーションをそれぞれ1時間実施。その間の被験者15人の心拍数を測定した。

結果、被験者の心拍数の変化から、振動によってドライバーが疲れを感じて知的作業が難しくなることが分かった。「振動あり」の実験開始から15分で、被験者たちには眠気の兆候が表れ、30分後にはかなりの眠気を感じて集中力を保つのに努力が必要な状態に。60分後には眠気がピークに達した。

一方で興味深いことに、ドライバーたちが眠くなりにくい周波数の振動があることも示唆された。研究報告の著者の1人であるRMITのモハマド・ファード准教授は「さらに幅広い周波数の実験を行い、そうした『いい振動』を利用した車の設計に役立てたい」としている。

今後は、より規模の大きな実験を行い、振動が呼び起こす眠気に年齢など他の要因がどう
影響し得るかも検証する必要がある。ドライバーが睡眠時無呼吸症候群(眠っている間に呼吸停止あるいは低呼吸になる病)だった場合の影響なども検証すべきだろう。

いずれ自動車メーカーは「振動」のコントロールに神経をとがらせることになるかも。

[2018年7月31日号掲載]

20210126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

1月26日号(1月19日発売)は「バイデンvs中国」特集。貿易戦争、ウイグル、テクノロジー覇権……「バイデン新政権は中国に弱腰」は本当か。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

夏までに成人7割以上にワクチン接種を、欧州委が勧告

ワールド

ロシア、ナワリヌイ氏勾留は内政事項 追加制裁論に動

ワールド

原油市場、今年は回復 慎重ながらも楽観=OPEC事

ワールド

独、変異種懸念で2月半ばまで封鎖延長 デンマークも

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月