最新記事
ペット

「自分は犬だと思っている?」まるでもののけ姫──5匹のわんこと育った幼女、犬みたいな行動がキュート

Toddler Raised Alongside Five German Shepherds 'Thinks She's a Dog'

2023年1月23日(月)16時50分
ジャック・ベレスフォード
犬と幼女

(写真はイメージです) Lisa5201-iStock

<ドッグフードを食べたり池で水浴びしたり...わんこ先輩たちを真似た幼女の犬みたいな行動>

5匹のジャーマン・シェパードと一緒に育った幼女の動画がTikTok上で話題だ。その女の子は1歳2カ月のリバー。犬たちに囲まれて生活し、多くを学んできた。

【動画】5匹のわんこと育った幼女の「犬みたいな行動」7選

動画を投稿したのはリバーの母親であるアシュリー・シェル(@von.jakoba)。説明文には「私の子供は5匹の犬と一緒に育ち、時々『自分は犬だ』と思っているみたい」とある。

シェルは本誌に「リバーは犬のもの全てに惹かれています」と語る。

「リバーがハイハイを始めた頃、犬の水やご飯は彼女の手が届かない場所に上げるようにしました。でもうっかり忘れてしまったとき、彼女が犬の水をバシャバシャしたり、ドッグフードを食べようとしたことが何回かありました」

「リバーは犬たちの後ろを付いて回って、彼らの行動を見るのが好きなんです。彼女はよくご飯を床に投げるため、犬たちからの支持は絶大です。犬たちは、彼女の近くにいれば、私が毎朝作る卵料理にありつけると知っています」

またリバーは犬のケージの中で音楽を聴いたり、彼らを優しくハグしたり、キスしたりするのも好きだとシェルは言う。

犬の知能は2歳児に匹敵すると言う専門家もいる。そう考えるとリバーと犬たちとの絆の深さは当然といえば当然かもしれない。

また犬は150以上の言葉を理解し、飼い主や他の犬を意図的にだましてご馳走にありつく事も可能。これはブリティッシュコロンビア大学の心理学教授で、犬の研究者としても知られるスタンレー・コレンがアメリカ心理学会で発表した内容だ。

リバーはいずれ、犬たちの精神年齢を追い越すだろう。だが犬たち含む家族との絆を、幼少期のうちに深めることは重要だ。

「犬たちは家族の一員です。元気すぎることもありますが、とても優しい家庭犬。家の敷地を歩き回ったり、ボール遊びをしたり、泳いだりするのが大好きなんです」

シェルはこう話すが、妊娠が分かった際には、犬たちが赤ちゃんと仲良くできるか不安に思う事もあったと言う。

「犬たちがリバーとどう接するかは心配でした。でも、彼らはとても良い子にしています」

心配とは裏腹に、リバーは犬たちに一目惚れ。TikTok動画から察するに、彼女は犬たちから多大なる影響を受けているようだ。ドッグフードを食べるだけでなく、犬のように歩いたり、池で水浴びを楽しむ様子も見られる。

動画はこれまでに900万回以上も再生され、「可愛すぎる」、「6匹の犬を飼っているのでは?」といったコメントが投稿された。

シェルはネット上での大反響は「素直に嬉しい」と語る。だがその上で「リバーが危険な目に遭った事はない」と強調した。

「SNS上の短尺動画から全てを知る事はできません。リバーと犬たちとの交流には細心の注意を払っています。彼女には犬たちの気持ちを尊重し、撫でる時には優しく、そして毛や耳を引っ張ったり、上に乗っかったりしないよう教えています。また犬たちがケージに居る時は入らないというルールも設けました。リバーにも犬たちにも、お互いを尊重し合い、ほどよい距離感を持つことが大切だと教えています」

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発で寄り付く、エヌビディア決算受け半導

ビジネス

米オープンAI、ニューズ・コープとコンテンツ契約

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中