最新記事

美容整形

顔の「お直し」で人は本当に幸せになれるのか?

Plump Lips and Wellness

2022年8月19日(金)14時41分
エレノア・カミンス

誰もが手軽に美容整形を受けられる時代、美しさのハードルは上がる一方だ ILDAR ABULKHANOV/ISTOCK

<「ウェルネス」の延長線上になった美容整形。しかし、自尊心を高める効果はあっても、心の健康・幸福感にはつながらないという研究も。そもそも「美の基準」を決定しているのが「他者」であるという問題が>

美容整形の目的は外見を変えること──のはずが、心の治療として体の改造を推すセレブや医師、経験者は少なくない。

世界的に有名なブラジルの美容外科医イボ・ピタンギはかつて、「美容整形は軽薄な行為ではなく、自尊心の再構築であり回復だ」と述べた。

テキサス州のとある美容クリニックの宣伝文句を借りるならば「整形は自分への愛」。そして、最近はこうした考え方が世間にあふれている。

美容整形に関する論文の多くが、施術は「喜びと満足感と自尊心を高める」と主張する。メディアは10代の少女の心の健康と絡めて整形を肯定し、企業のブランド戦略と広告がさらに流行を後押しする。

メスを使わないプチ整形専門の美容外科チェーン、アルケミー43に言わせれば「最高のルックスと気分を手にする資格は万人のもの」なのだ。

こうした風潮を受け、整形は今や「ウェルネス」の延長線上にある。体の改善が心の健康につながるというのだ。

鼻をいじったくらいで心が健やかになるとは思えないかもしれない。だが「あごの線がもう少しシャープならもう少し幸せになれるのに」といった願望は、誰しも身に覚えがあるのではないだろうか。場合によっては整形に自信を高める効果があることは、科学的に証明されている。

2018年に専門誌「皮膚科外科手術」で発表された研究で、ペンシルベニア大学病院のジョセフ・ソバンコ准教授の研究チームはしわやたるみを補正する注入治療が自意識に及ぼす影響を調べた。

75人を対象に、施術の前と後で自分のボディーイメージに対する満足度を調査。「デリフォード外見尺度」を使用し、「海水浴に行くと、どの程度気分が沈みますか?」といった質問に答えてもらった。すると被験者の実に75%で、術後の満足度が上がった。

「私には誇れるものがあまりない」といった記述への反応を見る「ローゼンバーグ自尊感情尺度」を使い、自己肯定感も測定した。こちらは施術の前後で変化はなかった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、日本のEEZ外にすでに落下か

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

ビジネス

英財務相が銀行にポンド売り抑制求めるとの報道、当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月