最新記事

教育

11歳で大学を卒業した天才・物理少年、夢は「不老不死を実現すること」

I’m 11 and I Have a BA

2021年8月18日(水)19時20分
ローラン・シモンズ(オランダ・アントワープ大学修士課程進学予定)

周りからはすごいと言われるけれど、僕は流れに身を任せてきただけだ LYDIA SIMONS

<史上2番目に若くして学士号を取得したけれど、資格よりも本物の知識を得ることのほうがずっと重要だ>

幼い頃の記憶はあまりないけど、いとこのディランとよく遊んだことは覚えている。両親はオランダで3つの歯科医院を経営していて忙しかったから、9歳まではベルギーの祖父母の下で暮らしていた。

祖母はいつも両親に、僕が年齢のわりにとても賢いと言っていた。でも、両親は本気にしなかった。誰だって実の孫は特別だと思うから。

4歳でベルギーのオーステンデにある小学校に入学し、6歳で卒業した。当時受けたIQテストでは、測定可能な最も高いスコアが出たという。

高校の最初の1カ月は他の生徒と一緒に授業を受けたが、僕もクラスメイトもイライラした。みんなは僕がどんな問題にもすぐ答えるのが気に入らず、僕はそんなみんなが気に入らなかった。学校が個人授業をしてくれるようになってからは、いろんなことがうまく運び、8歳で卒業した。

大好きな物理や数学、化学の授業を受けられるから高校は好きだったが、それでも大学に行けると分かったときはホッとした。自分で選んだ教科を集中的に学べるからだ。

最初に入ったオランダの大学は2019年に中退して、翌年4月からアントワープ大学で物理学を学び始めた。コロナ禍のため大学に行くのは試験や実験のときだけだったから、他の学生と交流することはあまりなかった。

勉強を進めるうちに、特に量子物理学に興味を持つようになり、他の課程を全て中断して物理学に集中することにした。今年6月に物理学の学士号を取得し、11歳で「優等」の成績で大学を卒業した。

不死の研究で重要なのが物理学

自分が史上2番目に若くして学士号を取得したらしいことは知っているけれど、僕にとって資格を取ることは大した話ではない。本物の知識を得ることのほうが、はるかに重要だ。学士号を取得したのは、修士課程を始めるのに必要だったからだ。

僕が物理学を選んだのは、最終的な目標が不老不死を実現することだからだ。不死の研究において重要な分野の1つが物理学なのだが、ゴールへの道筋はまだ見えていない。

不老不死に関心を持ったきっかけは、祖父母が心臓病を患っていたことだ。そういう人たちを助けたいし、他の子供たちが祖父母を失わずに済むようにしたい。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米下院が銃規制法案を可決、大統領署名へ

ワールド

ウクライナ軍トップが米参謀本部議長と電話会談、「ロ

ワールド

ウクライナEU加盟候補認定、ロシア封じ込めの動き=

ワールド

ウクライナの原発従業員の状況に懸念、査察求める=I

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 9

    スリム化は不可欠、「ポスト・エリザベス」の英王室…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月