最新記事

インタビュー

『あなたのセックスによろしく』著者に聞く、フランスのタブー、身体のこと、驚きだった部位の構造

2021年6月11日(金)16時20分
madame FIGARO編集部 ※madame FIGARO.jpより転載
『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』著者ジュン・プラ

『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』著者ジュン・プラ

フランスでいま、大ベストセラーになっている書籍『Jouissance Club(ジュイサンス・クラブ)』の日本語版『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』(CCCメディアハウス)が5月29日に刊行された。

インスタグラムのコミュニティとしてスタートしたジュイサンス・クラブは、ポップなイラストとともにユーモラスにセックスを語り、ティーンから大人たちまで幅広い年齢層が支持。フィガロジャポン7月号「ライフステージで考える、女の身体と100年美容」でもその一部を紹介しているが、すべてのセクシュアリティに平等で、豊かなパートナーシップを築く助けになる新感覚の性のガイドブックだ。著者のジュン・プラに、本書を手がけた背景について話を聞いた。

――私たち日本人から見たフランスは「アムールの国」というイメージがあるので、フランスでセクシュアリティを語ることがタブーで、性教育が不十分であることを知り、驚いています。ジュイサンス・クラブによって、そんな社会に何か変化をもたらすことができたと感じていますか?

愛とセックスについてのフランスのイメージは、世界中で少し理想化されていると思います。性教育の問題、(性交渉に関する)同意について、そして性器の構造についてなど、私たちは非常に遅れているのです。

ジュイサンス・クラブを立ち上げて以来、何千ものメッセージを受け取っています。自分の性器の構造がようやく理解できた、初めてオーガスムが得られた、自分の抱えている問題を初めて表現することができた、さらにそれをパートナーと話し合うことができたなどです。それは、この本によって、自分たちの望むことと必要とすることの間に、懸け橋を築くことができるからです。要するに、自分の身体をよりよく理解し、自分に合わないセックスを繰り返す代わりに、自分の身体に耳を傾けるよう手助けしているのだと思います。

――どういうきっかけで、セックスの問題に取り組もうと思ったのですか?

本当のことを言うと、私は性交渉をする年齢になって以来、セックスが好きだからです。とはいえ、これまでに得たたくさんの男性パートナーの中で、挿入にこだわらないセックスを教えてくれたのはたったひとりです。この出会いは私にとって大発見でしたが、ほかのパートナーには、それこそ私が望んでいることだ、と理解してもらうことができませんでした。

17年経って、あるパートナーに、彼の手でヴァギナのどの部分にどう触れるか説明するために、技術的なデッサンを描くことを思いつきました。続いて、いわば私の身体の使用説明書を作るために、ほかのデッサンも描こう、と思ったわけです。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

NY州知事のセクハラ問題、地方検察が相次ぎ調査に着

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者2億0

ビジネス

米国株式市場=ダウ・S&P下落、ADP雇用報告が予

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月