最新記事

プロダクツ

かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

2020年10月1日(木)13時20分
笠木恵司 ※Pen Onlineより転載

ベル&ロスが1997年に発表した「ハイドロマックス」は防水深度1万1100mを達成し、世界記録を樹立。「BR 03-92 ダイバー フル ラム」は、これをルーツとするダイバーズウォッチの最新作。視認性や耐磁性など、ダイバーズウォッチの国際規格ISO6425に定められた項目をすべてクリア。

スクエアケースのダイバーズウォッチというだけでもかなりレアなスタイルだが、ダイヤルの全面に蓄光式夜光塗料のスーパールミノバをコーティング。暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る「BR 03-92 ダイバー フル ラム」がベル&ロスから登場した。

航空機のコックピットから計器盤をそのまま切り出したような「BR 01」シリーズで世界的にブレークしたブランドだが、パイロットウォッチだけでなく、同形の「BR 03-92 ダイバー」を2017年に発表。300m防水の本格スペックに加えて、ダイバーズウォッチの国際規格であるISO6425に準拠した初の角形モデルともいわれる。1997年に「ハイドロマックス」で防水深度1万1100mの世界記録を達成しており、こうしたプロフェッショナル志向の技術蓄積が、ダイバーズでは常識的なネジ込み式でなく、はめ込み式のビス留め裏蓋で高度な気密性を実現したといえるかもしれない。

<参考記事>左利き用も用意する、「チューダー」のチタン製本格ダイバーズ

この「BR 03-92 ダイバー」は重量感のあるブロンズケースもラインナップされたが、新作の「フル ラム」では一転して軽量のハイテクセラミックを採用。ブラックマットのケースはもちろん、潜水時間などを測定できる片方向回転ベゼルにもアレンジしている。ハイテクセラミックは表面硬度が高くスリ傷などがつきにくいため、普段使いにも最適ではないだろうか。

ISOに準拠しているだけに、耐磁性など機能面は申し分ないが、やはり目を惹くのはライトグリーンのダイヤルだ。スーパールミノバC5を全面に塗布しているほか、立体的なアプライドのスケルトン・インデックスとベゼルの目盛りなどにはスーパールミノバC3を注入。異なる色味と輝度によって、明かりのない暗所や海中でも25㎝先から判読でき、強力な発光も長く持続するという。

<参考記事>ウイルスで激変した東京を、 写真家・初沢亜利が撮る。

四隅の大きなビスをアクセントとして、リューズガードを備えたスクエアケースが独特の個性を放ちながらも、ダイバーズウォッチに求められる機能は十全に満たしている。それでいてスタイリッシュな雰囲気を湛えているのは、フランス・ブランドらしい上質なデザインセンスと、ディテールを丁寧かつ完璧なバランスで仕上げているからではないだろうか。

pen20200928diverswatch-2.jpg

ダイヤル全面に蓄光式夜光塗料のスーパールミノバをコーティング。暗闇でも抜群の視認性を誇る。60分計を備えた片方向回転ベゼルもISOの要件のひとつだが、簡単に操作できる分単位の計測ツールとして、会議などの経過時間にも応用できる。

pen20200928diverswatch-3.jpg

「BR 03」シリーズ共通の仕様として、ブラックラバーストラップ(記事トップの画像)に加えて、ミリタリー調のファブリック素材のベルトも付属。自動巻き、マットブラックセラミック、ケースサイズ42×42㎜、300m防水、世界限定999本。ベル&ロス「BR 03-92 ダイバー フル ラム」¥605,000(税込)


問い合わせ先/ベル&ロス ジャパン TEL:03-5977-7759

※2020.08.18

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



ニュース速報

ワールド

ミャンマー警官19人がインドへ逃亡、国軍の命令拒否

ビジネス

米新規失業保険申請74.5万件に悪化、南部の大寒波

ワールド

ドイツ、EUによる入国制限の緩和要請を拒否

ワールド

欧州医薬品庁、ロシアの新型コロナワクチンの審査を開

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 6

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月