最新記事

ゴルフ

全米オープン観戦記 ラグジュアリー「ゴルフ観光」の裏にレクサスあり

PR

2018年7月13日(金)13時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ 広告制作チーム

<6月にニューヨーク州ロングアイランドで開催されたゴルフ・メジャー大会の1つ、全米オープン。世界中からビジターが集まる一大イベントの会場には、ゴルフ好きにはたまらない工夫が随所に施されていた>

レクサスが、ゴルフの一大イベントである全米オープンの公式スポンサーを、ロレックス、アメリカン・エキスプレスなどと並んで務めている。今年6月、アメリカを代表する名門ゴルフクラブ「シネコック・ヒルズ・ゴルフクラブ」で開催された第118回全米オープンの模様をリポートする。

「シネコック・ヒルズ」があるのは、ニューヨーク市から北東の方向に伸びるロングアイランドという両側を海に挟まれた半島。郊外暮らしを選びニューヨークに通勤するタイプの住民と、週末をビーチのそばの別荘で過ごす人たちが住む、緑あふれる美しい場所だ。

とりわけ高級別荘地として知られるサウサンプトンに「シネコック・ヒルズ」はある。1891年オープンと、アメリカ最古の由緒あるゴルフコースは、ロングアイランドの自然を生かした美しいコースだが、丘陵の起伏が激しく、この時期の寒暖差、また海からの風もあって、難易度の高いコースとしても知られている。1896年に初めて全米オープンの会場になって以来、1986年、1995年、2004年に続く、5回目の開催だ。

近年加熱するゴルフ観光ブームにあって、全米オープンは、スポーツ好きのニューヨーカーだけでなく、世界中からビジターたちが集まる一大イベントだ。ニューヨーク市からは、ロングアイランド鉄道という電車に乗るか、車であれば、ロングアイランド・エクスプレスウェイという高速道路を走ってサウサンプトンを目指す。

lexusgolfTU180713-2.jpg

アプリで位置確認、ファン・セントラルで充実体験

現地に到着すると、ネイティブ・アメリカンのシネコック族が暮らしていた土地の歴史にちなんでデザインされたロゴに出迎えられる。会場に飛ぶWi-Fiの電波を利用して、公式アプリをダウンロードし、ゲームを観戦した。

lexusgolfTU180713-3.jpg

お目当ての選手がいれば、それについて動くもよし。複数の選手を観戦したければ、公式アプリで各選手の位置情報を確認しながら動けばいい。アプリではリアルタイムのスコアやプレーの一部をライブで見ることができる。また、試合前の選手がパターやショットの練習をする「プラクティス・コーナー」は選手の姿を見る場所として穴場である。

アプリを使って、タイガー・ウッズやフィル・ミケルソン、昨年チャンピオンのブルックス・ケプカといった人気選手、レクサスがスポンサーする松山英樹選手などの動きを追った(ケプカは今大会で、29年ぶりに2年連続全米オープン優勝の快挙を成し遂げた)。

2009年に一連の女性スキャンダルを受けて無期限のツアー欠場を決め、その後も負傷などで不調だったタイガー・ウッズは3年ぶりの出場。決勝進出はかなわなかったものの、相変わらずの人気で本人の姿が見えないほどだった。

フィル・ミケルソンが、3日目に13番ホールのパターで動いているボールを打ったときには(2打罰のペナルティを受けた)、大きなざわめきが会場全体に鳴り響き、ライブ観戦ならではの臨場感。松山英樹選手が4日目に巻き返しに転じたことを目撃できたのも収穫だった。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月