最新記事
SNS

ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

Zendaya body-shaming photo sparks fury

2024年2月24日(土)19時32分
ソフィー・ロイド
ゼンデイヤ

Kathy Hutchins/Shutterstock

<ファッション誌で、上半身が大胆に開いた衣装を着た写真を披露したゼンデイヤ。容姿を揶揄する声にファンが一斉抗議>

アメリカの人気女優・歌手のゼンデイヤがファッション誌「ハーパーズ・バザー」に登場し、胸元から腹部にかけて大胆に肌を見せるトップスに、メタリックの極小ブラという過激なファッションを披露した。しかしこの写真に対してSNS上では、露骨な「ボディ・シェイミング(容姿をばかにすること)」のコメントが寄せられ、激しい批判を浴びている。

■【写真】丸出しの胸に「極小ブラ」のみ、女優ゼンデイヤが大胆衣装を披露も...ボディ・シェイミングの標的に

X(旧ツイッター)ユーザーのSea(@detroynectar)というアカウントは先日、ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」などへの出演で知られるゼンデイヤの最近の写真をソーシャルメディアに投稿。23年9月にハーパーズ・バザーに掲載されたものだが、ゼンデイヤはメタリックのマイクロブラ、パフスリーブのトップスとボリューミーなスカートを身につけている。

Seaはこの写真に「ゼンデイヤはこの地球上に足を踏み入れた中で最高の女性だ」という言葉を添えた。この投稿は2100万回以上閲覧されたが、ゼンデイヤのルックスをいいと思わなかった人もいたようだ。

@DeludedShaniqwaは「10点満点で7点だね」とコメント。「ブラジルの貧民街にでも行けば、こんな子がスイカを売っているのを見られるよ」と書き込んだ。このコメントもあっという間に拡散され、1200万回以上閲覧されたが、ゼンデイヤの容姿を侮辱するようなコメントにファンが不快感を示した。

「この投稿はヘイトの匂いがする」「わざわざ女性を貶めようとする行為はおかしい」「同意しないなら黙っていればいい」といった声が寄せられた。

「外国人嫌悪」だとの批判も

さらには「嫉妬が透けて見える」「彼女が7点なら私は0.5点」「彼女はとても素敵」「彼女は個性豊かだから10点だと思う」など、ゼンデイヤを擁護する声が相次いだ。

また、@DeludedShaniqwaのコメントが「外国人嫌悪」だと非難する声も上がった。「どうして貧しいアフリカ系ブラジル人のスイカ売りをそんなに嫌うの?」「ゼンデイヤの胸を『スイカ』のジョークで揶揄した目的は何だったの? キモい」といった具合だ。

本誌はこの件についてゼンデイヤにメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

ソーシャルメディア上でボディ・シェイミングに遭ったのは、ゼンデイヤが初めてではない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正-4月米フィラデルフィア連銀業況指数、15.5

ビジネス

全国コアCPI、3月は+2.6% 生鮮除く食料の伸

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中