最新記事

フィギュアスケート

フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

2022年12月2日(金)07時59分
茜灯里(作家、科学ジャーナリスト)
羽生結弦

「ニューズウィーク日本版『羽生結弦特集』の執筆依頼を受けていたので、記事を意識しながら北京五輪のフリーを画面越しにライブで見ました。リアルタイムでは回りきったように見えた4回転アクセルと、演技を終えた直後に天を仰いだ神々しい表情が印象的でした」(茜氏談)『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』302頁より ©時事


「演技で自分の生き様を見せて、力をくれたファンに恩返しをする」30年来のフィギュアファンが見る、羽生結弦のファンとの絆と「プロローグ」


羽生結弦選手のプロアスリートとして最初の単独ショー「プロローグ」は、盛況のうちに横浜公演の幕を閉じ、今週末からの(12月2、3、5日)八戸公演が心待ちにされている。

11月5日、私は横浜の映画館に足を運んだ。「プロローグ」のライブビューイングに参加するためだ。

羽生選手の演技は、数々の世界選手権や連覇したソチ五輪、平昌五輪など、主だったものは必ず現地観戦してきたので、横浜公演のチケット落選は心底残念だった。けれど、歴代最高のフィギュアスケート・スターの"プロのアスリート"として初の演技が、どれだけファンに求められているのかをあらためて知って、嬉しい気持ちになった。

映画館では開演前の説明が始まった。公演中は、拍手や応援グッズを用いても良いとアナウンスされる。それを合図にしてブルーの輪がいくつか光った。後に、それが前日の公演で配られたバングルと知った。

1人だけのショーを、1時間半。映像を交えるとはいえ、体力には限界がある。ショーでも1つ1つの演技に渾身の力を込めてファンに伝えようとする羽生選手ならなおさらだ。

「ユヅなら絶対に魅せてくれる」というファンの期待は、時にはプレッシャーにもなるだろう。それでも、自分とファンに真摯に向き合って、等身大で最高の羽生結弦を見せてくれるに違いない。

アマチュア選手の最終シーズンに使った「天と地と」の曲を流しながらの6分間練習から始まるという予想外の演出で、公演は幕を開けた。周囲の観客は呼吸を合わせたように、ジャンプを飛ぶたびに拍手し、スケーティングに嘆息する。

最初の演技「SEIMEI」が始まると、私は陰陽師の神秘的な世界観にふさわしい、紫の壁に囲まれた平昌五輪のリンクを思い出した。あの時も、会場の全ての観客が羽生選手に釘付けになり、フィギュア男子で66年ぶりの五輪連覇の偉業を達成する演技を見守った。

「なぜ、もっとユヅの演技を見に来ないの?」

私のフィギュアスケートファン歴は30年を超える。とりわけ男子シングルが好きだ。きっかけはNHK杯の過去演技の特集で見た五十嵐文男選手で、ノーブルな王子様タイプの日本人選手が世界のトップで戦う姿に夢中になった。


 『羽生結弦 アマチュア時代 全記録
 CCCメディアハウス[編]

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中