最新記事

アイドル

「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

BTS’ Jungkook Has Fans Gushing Over His Mullet Hairstyle: ‘Gates Of Heaven Opened Up’

2022年5月18日(水)19時23分
ジェニファー・マノンド

Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<一世を風靡した長い襟足が特徴の「マレットヘア」を披露したBTS(防弾少年団)のジョングクに、ARMYたちからさまざまなコメントが寄せられている>

韓国の超人気グループBTSの最年少メンバーであるジョングクが、SNS上で注目を集めている。その注目の的となっているは彼の新しいヘアスタイルだ。

5月16日に公開された家電メーカーCowayの25秒間の宣伝動画には、純白のスーツに身を包んだBTSメンバー7人が登場するが、そこでジョングクは襟足を肩に届く長さまで伸ばした、いわゆる「マレット」スタイルの髪型を披露している。24歳のジョングクは他のメンバーとともにソファーに集まり、「Coming soon」の言葉で動画は終わる。

この動画は公開後すぐにSNSで拡散されたが、中でも80年代に流行したマレットヘアのジョングクは、BTSのファン「ARMY」たちの話題の的となった。突然のイメチェンではあったものの、一部のファンは以前にも同じ髪形をしていたと指摘しており、いずれにせよ彼はどんな髪型でも似合うことを証明して見せたようだ。

ツイッターでは「The Mullet」「Jungkooks」「Mullet JK」といったトピックがトレンドとなった。その魅力にやられ、人工呼吸器に繋がれるイメージの写真を投稿するファンもいた。

ほかにも「ジョングクがマレット? 心の準備が追い付かない」「天国への扉が開かれた...そしてそこには彼が...マレットのジョングクがいた」といったツイートが溢れ、ファンたちがメロメロになっている様子が分かる。

彼らはニューアルバム『PROOF』の発売を6月10日に控えており、デビュー曲から代表曲「Dynamite」「Butter」、さらには最新曲まで、多くのヒット曲が収録されることになっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB10月に大幅利上げ必要、年内に中立金利達成も

ワールド

北朝鮮発射の弾道ミサイルの可能性あるもの、すでに落

ビジネス

ECB、10月も0.75%利上げ必要の可能性=スロ

ワールド

NATO事務総長、ガス輸送管に「破壊行為」 防護策

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月