最新記事

映画

是枝監督、次回作は「パラサイト」のソン・ガンホら主演で韓国映画に挑戦 ところで「韓国映画」の定義とは?

2020年8月31日(月)21時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

カンヌ受賞後、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の日仏合作映画を撮影した是枝裕和監督、次回作は韓国映画でメガホンを取る。REUTERS/Vincent West

<国際的に評価の高い日本人監督が、次回作では外国映画の現場に飛び込むという>

新型コロナ・ウイルスの世界的なパンデミック以降の数カ月間、目にする映画関係の報道内容といえば、「公開延期や撮影中止」「映画館の売り上げ最低を記録する」など暗いニュースばかりだった。しかし先週、久々に日韓映画界の明るい未来を照らすかのようなビックニュースが飛び込んできた。

映画『誰も知らない』『海街diary』など数々の素晴らしい作品を世に生み出し、2013年カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』や、2018年に同じくカンヌで最高賞を受賞した『万引き家族』などを手掛け世界からも人気の高い是枝裕和監督。カンヌ受賞後は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の日仏合作映画を手掛けたが、次回作は来年韓国で映画を撮るというのだ。

発表された作品名は、まだ仮題だが『브로커(ブローカー)』という。約5年前から韓国側の制作陣らとオリジナル脚本の企画開発が行われてきた。現在、監督がシナリオ作業中だそうだ。

赤ちゃんポストをめぐる人びとを描く

是枝監督の作品の大きなテーマといえば家族の形である。今回の『ブローカー』(仮)は、赤ちゃんを育てることが出来ない人が、匿名でこっそりと赤ちゃんを置いていくことができる、いわゆる「赤ちゃんポスト」を通じ繋がっていく人たちを描いているという。

この報道は、韓国でもかなり大きく報道されている。日本人監督の起用もそうだが、特にそのキャストの豪華さが注目を集めているようだ。制作決定の第一報と共に公開されたメインとなる俳優は、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナの3名である。ソン・ガンホとカン・ドンウォンは、2010年に韓国映画『義兄弟 SECRET REUNION』で素晴らしいコンビネーションを見せて以来、久々の競演に注目が集まる。ペ・ドゥナは、2009年の是枝監督作品『空気人形』に主演していたため気心も知れた仲だろう。

韓国映画マニアでなくても、映画好きならこの3人の名前や顔を見たことがあるかもしれない。と、いうのもソン・ガンホは言わずと知れた映画『パラサイト 半地下の家族』の主人公であり、カン・ドンウォンは、今年のカンヌ映画祭に招待されていた映画『半島』(『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編)の主人公だ。カンヌ映画祭がもし開催されていたら、これまで以上に世界から注目を集めていたであろう。

ペ・ドゥナも世界各国から出演のラブコールを受けて、これまで『空気人形』の他にも日本映画『リンダ リンダ リンダ』、アメリカ映画『クラウド アトラス』『ジュピター』、アメリカドラマ『センス8』等に出演する韓国を代表する国際派女優である。

今回の映画『ブローカー』は、韓国の映画会社ジプが制作し、投資・配給は韓国映画業界ナンバーワンのCJENMが行う。これまで多かった日韓合作とは異なり、韓国映画に日本人監督が起用されたという形だ。今一番世界に近い韓国俳優と、世界から認められた監督をそろえた。そこには、今年の2月映画『パラサイト 半地下の家族』のアカデミー4冠受賞で、一気にハリウッドへの足がかりを掴んだCJENMが、ここでさらなる展開を見せようという強い意思がうかがえる。

ニュース速報

ワールド

EU、英国との通商交渉に進展 合意なしのリスクも=

ビジネス

イエレン氏の米財務長官就任、世界経済にプラス=EC

ワールド

今年の中国温暖化ガス排出量、前年上回る見込み=IE

ワールド

世界最大の医療用手袋メーカーで集団感染、価格上昇の

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 5

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 6

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 7

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月