最新記事

人生を変えた55冊

日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5冊の本

2020年8月12日(水)16時25分
ウスビ・サコ(京都精華大学学長)

COURTESY OF KYOTO SEIKA UNIVERSITY

<マリ出身の京都精華大学学長ウスビ・サコが、影響を受けた5冊を紹介。その1冊は西洋文化の優位性を再考させられた『オリエンタリズム』だが、実は日本も西洋からほかの文化を見下していることに気付いたという。本誌「人生を変えた55冊」特集より>

私たちは学校に通いだすと、価値観を「置き換える」癖が生まれがちだ。私の出身国のマリでも、土着文化は古くさく、西洋文化は新しくて合理的でかっこいい、となっていく。その置き換えられた価値観を取り戻してくれたのが、アマドゥ・ハンパテ・バーの『アフリカのいのち――大地と人間の記憶/あるプール人の自叙伝』だった。


『アフリカのいのち──大地と人間の記憶/あるプール人の自叙伝』
 アマドゥ・ハンパテ・バー[著]
 邦訳/新評論

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

これは西洋文化とマリ文化の比較、特にフラニ族(プール族)の文化などマリ文化の価値を中心に書かれたもので、著者のハンパテ・バーはフランス植民地時代と解放後の両時代のマリを生きた人物だ。
2020081118issue_cover200.jpg
自国や自民族の文化に対する価値観に壁が立ちはだかるのは、外国の社会とその現実に身を置いたとき。課題図書として読んだ高校時代はよく分からなかったが、外国で読み直したときにこの本の価値が見えてきた。日常にありながら気付かなかった自国文化の大切さや、合理性に隠れて見えなくなっていた自然に関する価値観など示唆に富む。

自国文化の重要性を学ぶことは、外国文化を理解する上でも非常に役に立つ。その土地の文化や国の価値観がどこにあるのかを見つけるすべも、この作品から学んだ――。

ハンナ・アレントの『人間の条件』は学生にも薦めている一冊だが、最後まで読まない人も多い(苦笑)。実際、ちょっと面倒くさい本だ。最初は人間である条件などあるのか、そんなものが必要なのかと疑問に思ったが、期せずして専門書以外で自身の研究に役立つ一冊になった。


『人間の条件』
 ハンナ・アレント[著]
 邦訳/筑摩書房

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

私の研究分野の1つは社会と建築空間の関係性や居住空間などの領域論。この本は、人間を考察するときには専門書で学ぶ以上に広い見地から見る必要があることを教えてくれた。人間単独ではなく、人が社会で受ける影響をどう考えるべきかという視点を持つきっかけになった。

「西洋優位」を考え直す

領域論では私的領域や公的領域などを議論する。かつて、人々は公共領域に対する姿勢が良かった。公園に行くときでも正装するなど、家の外と中を区別していた。外に対するリスペクトだが、ある時期からこの姿勢が崩れて公共領域は私的領域の延長と考えるようになり、パジャマ姿で外出してもいいんだとなった。こうした人間行動の変容は、専門書だけでは説明がつかないことも多い――。

【関連記事】大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を変えた5冊の本」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

英国、コロナ巡る転換点に 全面ロックダウン再導入も

ワールド

米政権のウィーチャット禁止措置、連邦地裁が仮差し止

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月