最新記事

スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』への道のり

銀河最強のプリンセス、「スター・ウォーズ」レイア姫の物語(初心者向け&復習用)

Leia Organa

2019年12月21日(土)13時00分
ニューズウィーク日本版編集部

『エピソード6/ジェダイの帰還』で、ハン・ソロを助けようと犯罪王ジャバ・ザ・ハットの宮殿に乗り込んだレイアは、逆に捕まり、奴隷にされてしまう SUNSET BOULEVARD/GETTY IMAGES

<兄は弱気なジェダイ、夫は無頼漢、息子はダークサイドへ――。それでも正義のために戦い続ける真のリーダー、レイア・オーガナ。最新作『スカイウォーカーの夜明け』を観に行く前に押さえておきたい基礎知識を、特別編集ムックより>

レイア姫は、『スター・ウォーズ』シリーズがこの世に登場したときから、物語のカギを握る重要人物だった。シリーズ第1作『エピソード4/新たなる希望』でR2-D2 に託した、「助けて、オビ=ワン・ケノービ。あなただけが頼りです」というホログラム・メッセージが、壮大な物語の全ての始まりだった。

だが、レイア自身の生い立ちに大きな注目が集まるのは、『エピソード6/ジェダイの帰還』で、彼女がルーク・スカイウォーカーの双子の妹だと分かってからだ。
2019SWmook_cover200.jpg
彼女はジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーと惑星ナブーの元女王パドメ・アミダラの娘、レイア・アミダラ・スカイウォーカーとして生まれた。父がダークサイドに落ち、母が死去したため、レイアは惑星オルデランのベイル・オーガナと女王ブレハ・オーガナに引き取られる。

明確なビジョンと目的意識を持ち、フォースを感じる強い力があることから、ルークよりもジェダイの騎士に向いていると言われた(ヨーダもそう考えていた)。

だが、レイアはオルデランの王女として、政治の世界に身を投じる。14歳でオルデランの議員となり、銀河元老院の議員である養父の補佐官を務め、18歳のときにその後継組織である帝国元老院の最年少議員に就任。しかし銀河帝国の横暴に憤った彼女は、反乱同盟軍の活動に参加して銀河共和国の復活に尽力することになる。

そんなレイアの元に、惑星スカリフの勇敢なチーム「ローグ・ワン」から、帝国軍の軍事要塞デス・スターの設計図が届く。それに気付いたダース・ベイダーがレイアの船に乗り込んでくるが、レイアは間一髪で設計図をR2-D2に託し、砂漠の惑星タトゥイーンに送り出すことに成功する。「助けて、オビ=ワン・ケノービ」というメッセージを添えて。

そのR2-D2を盗賊から購入したのが、ルークだった。ルークは、父アナキンの師だったオビ=ワンの計らいで、タトゥイーンに住む親戚に育てられていた。そしてR2-D2を修理しているとき、偶然レイアのメッセージを見る。

一方、レイアはデス・スターに連行され、厳しい尋問を受け、反乱軍の秘密基地について嘘の情報を与える。それを知ったターキン総督は、レイアの故郷オルデランを、スーパーレーザー砲で惑星ごと吹き飛ばしてしまう。

そのまま捕らわれの身となったレイアの前に、いやに背の低いストームトルーパーが現れる。ルークだ。

【参考記事】 3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初心者向け&復習用)

ニュース速報

ビジネス

中国、成長安定とリスク防止のバランス取る=人民銀総

ワールド

EU、英に決断迫る 通商協議の時間切れ迫る

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月