最新記事

映画

「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネーターの時代が終わった

Now Time for Termination?

2019年11月14日(木)19時00分
デーナ・スティーブンズ

28年ぶりに顔を合わせたハミルトン(左)とシュワルツェネッガー(右)は最新型ターミネーターと戦う ©2019 SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC, PARAMOUNT PICTURES CORPORATION AND TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

<新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の魅力はかつての登場人物を見る懐かしさとアクションだけ>

1984年、ごく平凡な生活を送っていた若い女性の前に、100%人間でもなく100%機械でもない存在が未来から現れた。

35年が過ぎ、女性は中年となった。その間にいい時(1991年の『ターミネーター2(T2)』)も、悪い時(2009年の『ターミネーター4』)も経験した。けれども、最初の出会いの余韻が消え去ることはなかった。

これは映画『ターミネーター』シリーズの最初の2作でリンダ・ハミルトンが演じたサラ・コナーのことだ(「4」は声のみの出演)。彼女は28年ぶりに、シリーズの新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(ティム・ミラー監督)に出演している。

だが、これは同時に私自身についてのことでもある。まだ10代の時に最初のターミネーターの斬新な映像と新鮮なキャラクターに興奮し、数年後にT2の最先端の特殊効果と鋭い社会風刺にやられた。ハミルトンが去ると、私はシリーズへの関心をすっかり失ってしまった。

30年たった今、私もサラも当時よりも強くなったが、より慎重にもなった。世界の終末が目前に迫っているときに、「死にたくなければついて来い」というさび付いたメッセージを繰り返されるだけでは、満足できない。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』では、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが、プロデューサー兼共同脚本家として戻って来た。彼は出来の悪かった何本かの続編を記憶から消す機会を観客に提供している。

ヒロインの寂しい帰還

新作はシリーズの世界をT2の最後まで巻き戻す。サラ・コナーと息子ジョンが、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるアンドロイドの助けを借りて戦い、自我を持つコンピューターネットワーク「スカイネット」が地球を支配するという未来を阻止することに成功したところだ。

映画のオープニングのフラッシュバックでは、T2の悲劇的な最終章が映し出され、そこから場面は22年後のメキシコシティに跳ぶ。日常を過ごす罪のない人々の前に、またもや宙に浮かぶ青い球体から未来からの使者が突然、裸で現れる。

今回登場するのは、テクノロジーによって能力を強化された女性兵士グレース(マッケンジー・デービス)。彼女の目的は若い女性工場労働者のダニー(ナタリア・レイエス)を守ることだ。

守ると言っても、いったい何から? その答えは、2つ目の青い球から最新型ターミネーターのREV-9(ガブリエル・ルナ)が現れると明らかになる。REV-9の最強の技は、にじみ出る黒い物質を鋭利な武器の形をした手足に変えることだ。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、今週半ばにも副大統領候補を発表=関係筋

ワールド

豪就業者数、7月はほぼ横ばい ビクトリア州では減少

ビジネス

中国の元証券当局トップ、譲渡性預金証書の発行拡大に

ワールド

英国、香港メディア王逮捕に重大な懸念表明

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    インド南部でLCC旅客機が着陸失敗、17人死亡 約170…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月