最新記事

映画

Pen国際版が、ホテル雅叙園東京を舞台に短編映画を制作しました。

2018年11月16日(金)17時30分
Pen編集部 ※Pen Onlineより転載

Pen国際版が、フランス人ディレクターを起用して日仏合作の短編映画を制作しました。舞台となったのは、百段階段で知られる「ホテル雅叙園東京」。昭和初期に描かれた貴重な日本美術が至るところにあしらわれた空間は、特に外国人にとっては圧巻の空間でしょう。短編映画のタイトルは、『In the Still Night』(邦題:『静かな夜に』)。その予告編が公開されました。

ストーリーは、著名なアート・キュレーターのマシュー・ヒリヤを主役に展開されます。彼は、文化財「百段階段」で若手アーティストの写真展をキュレーションするため、ホテル雅叙園東京を訪れます。しかし、来日直前に恋人と破局。心に深い傷を負ったまま来日したのです。

pen181116-2.jpg

ため息をつきながら、百段階段の展示作品を確認するマシュー。そこで彼は、ある写真を前に不思議な体験をします。そして、そのまま幻の世界へ......。そこで出会った日本人女性から受け取った不思議なメッセージとは?

pen181116-3.jpg
pen181116-4.jpg

フランス人のディレクターならでは感性で、美しい日本美術の数々を切り取り取った映像は、わたしたち日本人にとっても新鮮に映るでしょう。静かで幻想的な短編映画『In the Still Night』(邦題:『静かな夜に』)は、Pen国際版のウェブサイト(pen-online.com)にて近日公開。ご期待ください!


『In the Still Night』

監督:ジャン=バティスト・ブロー
出演:エリック・ウェアハイム、麻宮彩希ほか
2018年 日仏共同制作 15分
Pen国際版の予告編の記事(英語)はこちらから:https://pen-online.com/travel/in-the-still-night-en
※本編はPen国際版ウェブサイト(pen-online.com)で近日公開

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
penonline_logo.jpg



MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月