最新記事

世界遺産

熱海と大差ない、「世界一美しい」アマルフィ海岸

2015年7月27日(月)16時30分

世界で一番美しい海岸?

 アマルフィの中心に着くと、砂浜はすぐ近くです。といっても、砂浜は猫の額ほどしかありません。この半島にあるビーチは、どこもかしこも小さいものばかり。こんな小さなビーチでは満足できません。

 ビーチのすぐそばまで迫る山の斜面には、家々が立ち並んでいます。弧を描くビーチを見下ろす家並みが、きっと美しい海岸といわれている所以なのでしょうが、ワタクシは思ったのです――熱海にそっくりだ、と。そうです、伊豆半島の由緒ある観光地、あの熱海です。後ろは山で目の前は海。斜面に強引に建てられた家々。洋風建築と和風建築の違いはあるにせよ、俯瞰で見れば、ほぼ一緒。大きな差があるようには思えません。

こちら、我らが日本の誇る熱海の風景。アマルフィといわれてもわからないのでは?

こちら、我らが日本の誇る熱海の風景。アマルフィといわれてもわからないのでは?

 アマルフィの街に入るとすぐに、代表的な建造物であるアマルフィ大聖堂があります。イタリアにある他の大聖堂とは違い、さまざまな建築様式が混在した珍しい形をしています。教会好きな方や建築関係の方には一見の価値があるかもしれません。しかし、アマルフィ・ショックに打ちのめされたワタクシを奈落の底から救い出すには力不足です。

旅にコスパを求めるならば

 アマルフィ海岸は世界遺産ですが、それよりも「世界一美しい海岸」として脚光を浴びています。それを聞く度に「本当か?」と疑問が浮かんでしまいます。だって、言ったのはヘラクレスですよ?もちろん、強い日差しに青い空と海、切り立った崖、立ち並ぶ建物......この景色を美しいと思ったって異は唱えません。ただ、この程度なら、わざわざイタリアに来なくても、熱海でよくないか? とも思ってしまうわけです。世界遺産を訪れる、ということ自体が目当てでない限り。

 旅行には、お金も時間もかかります。できれば、かけたお金と時間に見合った感動を得たいものです。そういう意味でアマルフィは、あまりコストパフォーマンスが良いとはいえなかったのです。なにしろ、このあと再び2時間バスに揺られて、さらに電車で1時間。ナポリに戻ってきたときには、もう夜遅くでした。ちょっと魔がさしてイタリアの熱海に立ち寄っただけなのに......。日本の熱海なら、東京から新幹線で50分ですよ!

ニュース速報

ワールド

トランプ政権、オンライン受講留学生の国外退去方針を

ワールド

英アストラゼネカ、米社と協力 コロナワクチン開発加

ワールド

英、ファーウェイの5G製品排除へ 限定容認から一転

ビジネス

米経済は「五里霧中」、FRBは持続的緩和を=ブレイ

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月