最新記事

映画

『ザ・タウン』でアフレックが大復活

最新監督・主演作でおバカセレブから「イーストウッドばり」の映画監督に大変身

2011年2月4日(金)17時02分
キャリン・ジェームズ

絶望の街 銀行強盗団のダグは今の生活から抜け出そうと苦悩するが ©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

 ベン・アフレックがお笑いネタにされていた時のことを覚えているだろうか? 歌手のジェニファー・ロペスと婚約した当時は2人合わせて「ベニファー」と呼ばれ、ベタベタする様子がタブロイド誌の格好の材料になった。盟友マット・デイモンとのコンビでは「頭が良くないほう」と言われていた。

 03年には、女優ミンディー・カリングが脚本を書いた『MATT&BENN ―マット&ベン―』というオフオフ・ブロードウェイの爆笑コメディまで上演された。アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』の脚本がアフレックとデイモンの共同執筆ではなく、実は空から降ってきたという話だった。完全にアフレックを馬鹿にしている。

 そのアフレックが監督・主演・共同脚本を務めた『ザ・タウン』で見事な転身を遂げた(日本公開は2月5日)。冗談抜きで、彼は新世代のクリント・イーストウッドと言っていい。『ザ・タウン』は銀行強盗が主人公のスリリングな犯罪映画だが、同時に愛と友情、落ちこぼれた人生から這い出そうとする男の苦悩も描いている。

 これで、アフレックの監督デビュー作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』の出来栄えがまぐれでなかったことが証明された。しかも彼がイーストウッドのような名監督の道を歩む期待も抱かせる。娯楽と芸術を融合させ、観客を楽しませつつ大切なメッセージを伝える『許されざる者』のような作品を生み出せる監督だ。

 監督としても実績を残している大物俳優といえばジャック・ニコルソン、デンゼル・ワシントン、ティム・ロビンスなどがいる。しかし若手俳優で、真の映画監督としての力量があるのはアフレックとジョージ・クルーニーだけだ。

 『ザ・タウン』はお気楽な現実逃避の作品に思えるかもしれない。しかしそこには控えめながら深遠なリアリズムが満ちている。『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と同じく舞台は労働者階級が暮らすボストンの片隅。銀行強盗が稼業のように代々受け継がれている街チャールズタウンだ。アフレック本人が育ったのはボストンでも裕福なケンブリッジ地区だが、抑圧された労働者階級の暮らしに共感をみせる彼は葛藤を抱える強盗団のボス、ダグ・マクレイを演じきった。

夜の路面に水をまくような手法は取らない

 映画は迫力の銀行襲撃シーンで幕を開ける。銀行に押し入ったダグたちは逃走の際、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質として連れ去る。やがてダグはクレアと恋に落ちるが、彼女はダグが強盗団の1人だとは気づいていない。心情を語るような会話はないが、観客にはダグがクレアの純粋さと知性に引かれていることが伝わってくる。

 2人がお互いの気持ちを打ち明けるシーンはとてもさりげなく、イーストウッドっぽい。続いて突入するアクションシーン――銃を撃ち合い、狭い通りでカーチェイスを繰り広げる――の激しさとは対照的だ。『ザ・タウン』は幼い子供が失踪する『ゴーン・ベイビー・ゴーン』のように胸をえぐる物語ではない。しかし、FBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)が強盗団を追い詰めていく巧みな展開に思わず引き込まれてしまう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物が軟調、中国需要の減退懸念やガザ停戦協議巡

ビジネス

再送-中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き

ビジネス

米産金ニューモント、第2四半期は利益が予想上回る 

ワールド

米大統領選でハリス氏の勝機は十分=独首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中