最新記事

株の基礎知識

ラーメン銘柄が大健闘! 株価の高値を更新した日本企業の銘柄から相場の流れを読み解くと...

2023年4月28日(金)11時55分
佐々木達也 ※かぶまどより転載
ラーメン屋

写真はイメージです RichLegg-iStock.

<株価の高値を更新することは、伸びしろの表れとも言える。最近、相場の雰囲気が一変する中で高値更新を果たした銘柄とは?>

3月は相場の雰囲気が一変

3月の日本株相場は、前半と後半で雰囲気が一変しました。月初にかけては、アメリカのインフレ進行への警戒感が台頭したものの、堅調な経済指標やバリュー株物色などもあり、日本株に資金が流入し、日経平均株価は9日におよそ6か月半ぶりの高値28734円を付けました。

しかし、アメリカで中堅のシリコンバレー銀行やシグネチャーバンクなどの経営破綻が発生したことをきっかけに、相場のムードが一変しました。金融システムへの不安が広がり、日経平均は16日に26632円を付け、約1週間で2000円ほどの下落となりました。

その後は、FRBによる緊急措置や破綻した銀行への買収など迅速な対応もあり、いったんは不安が後退し、戻り相場となって、月末に日経平均は28000円を回復しました。

■高値更新銘柄から物色の変化を見極める

こうした中で、物色の変化を見るために格好の題材となるのが、高値更新銘柄です。

相場解説などで頻繁に使われる「高値更新」とは、読んで字のごとく、ある期間内の高値を更新したという意味です。ここに「昨年来」「年初来」「上場来」など期間を表す言葉が添えられて、「年初来高値を更新」などと言われます。また、新たについた高値を「新高値」と呼びます。

【株価の高値更新】
●上場来高値......株式市場に上場して以来の高値。買い方の強い物色が株価に現れているといえる
●昨年来高値......1〜3月に使われ、前年の1月1日から直近までの期間が対象
●年初来高値......4月以降に使われ、その年の1月1日から直近までの期間が対象

3月の高値更新銘柄

それでは、この3月に高値を更新したのはどのような銘柄だったのでしょうか。さらにそこから、現在の相場状況を読み解いてみましょう。

■EVインフラ加速で関連銘柄に脚光

脱炭素や自動車の電動化などの潮流が続く中で、EV(電気自動車)の電力インフラに関連した銘柄が続々と新高値を更新しています。

送配電機器を扱う東光高岳<6617>は、昨年から強い株価の基調が続いており、3月8日に昨年来高値2641円を付けました。6日の日本経済新聞で、「東京都がEV充電器の増設に本腰を入れ、中古マンション向けの補助上限を2倍超に引き上げる」と報道されたことも、高値更新のきっかけとなりました。

kabumado20230427_chart2.png

EVの普及には急速充電器の整備が急務であり、また、災害時にはEVから建物に電気を供給する電池にもなる点もポイントです。そこで、効率よく電気を給電するために使われるパワー半導体関連銘柄にも同様の動きが出ています。

自動車・家電向けのパワー半導体や電源機器メーカーのサンケン電気<6707>は、3月9日に昨年来高値11790円まで買われました。

kabumado20230427_chart3.png

同じ9日には、パワー半導体やFA機器(ファクトリー・オートメーション機器)の三菱電機<6503>も昨年来高値1602.5円と同じく買われました。

三菱電機はコロナの影響やインフレによるコスト増で重電システムや家電部門の苦戦が続いていましたが、今期は増収増益の見通しとなっています。14日には投資計画の上方修正を発表し、2021〜25年度のパワーデバイス事業の設備投資額を、従来から倍増となる約2600億円に大幅に引き上げるとしました。

kabumado20230427_chart4.png

こうした動きは、同じくパワー半導体メーカーの富士電機<6504>、ローム<6963>などでも相次いでおり、需要の伸びがうかがえます。

(参考記事)いま買われているバリュー株 その背景と意外と知らない新高値銘柄

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ

ビジネス

中国新築住宅価格、3月は前年比-2.2% 15年8

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか

ビジネス

米レディット株、金融大手が投資判断開始 利用者増加
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中